sportsnavi

三冠馬オルフェーヴルから大物誕生?
栗毛の牝駒ロックディスタウンに★7つ

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

鮮やかな末脚でデビュー戦を制したロックディスタウン
鮮やかな末脚でデビュー戦を制したロックディスタウン【撮影:日刊ゲンダイ】

 三冠馬オルフェーヴルがデビューを飾った新潟の地で、その牝駒ロックディスタウンが華々しく勝ち上がった。父と同じ栗毛の女の子は、来春のヒロインになれるか。札幌では先週のレイエンダに続いて藤沢和厩舎から期待の良血馬ファストアプローチが勝ち上がり!

レースでの気性は問題なし ロックディスタウン

8/6(日) 新潟5R 2歳新馬 芝1800m外

ロックディスタウン 牝 馬体重:490kg

★★★★★★★ 7点〔GIIIクラス〕

騎手:ルメール 厩舎:(美) 二ノ宮

生産: 社台コーポレーション白老ファーム

馬主:サンデーレーシング

父:オルフェーヴル

母:ストレイキャット(Storm Cat)


 10頭立ての中で唯一の牝馬だったが、先団馬群の中で折り合いもバッチリ。新潟の外回りらしく完全な直線勝負の中でも追い出しを焦ることなくジリジリと進路を外へ取り、残り200m手前でGOサイン。反応・伸びともに◎で悠々と差し切った。ラスト3Fが11秒2−10秒5−11秒1という流れの中、自身は32秒5で上がっており、能力面は言うことなし。


馬体診断 

 パドックではややウルサイ様子を見せながらの周回。ただ、レースでの折り合いに問題はなく、多少のチャカつきは許容範囲か。牝馬にしては490キロと大きいが、重苦しさはなかった。馬体の造り、スケールは大きく、胴長・脚長の部類で距離の融通も利くタイプ。その割に手先の軽い走りで瞬発力も十分。


血統診断

 祖母ローミンレイチェルは米・GIウイナーでもあるが、それ以上に年度代表馬ゼンノロブロイの母として名を馳せた。母ストレイキャットは1戦0勝という競走成績に終わったが、本馬の姉にタガノエリザベート(ファンタジーS)、キャットコイン(クイーンC)を産んだ。ステイゴールドとの間にキャットコイン、ワンブレスアウェイ(OP)を産んでおり、オルフェーヴルとの相性も良いだろう。メジロマックイーンの血が入ったことによって、姉2頭よりも距離適性は長目にシフトしそう。


馬券の狙い目→好位の馬群で折り合えるのは強味。東京ならアルテミスSやクイーンCといったマイル戦にも対応できそう。もちろん中距離もOK。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント