IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンウルブズ、“会心の勝利”の理由
NZの強豪を攻略した「バランス」

オールブラックス経験者8人の強豪に勝利

団結力が高まったサンウルブズ(赤)が、NZのブルーズに快勝した
団結力が高まったサンウルブズ(赤)が、NZのブルーズに快勝した【斉藤健仁】

 停滞したムードを打破する、胸がすくような会心の勝利だった。

 

 スーパーラグビー参入2年目、日本を本拠地とするサンウルブズは7月15日、最終戦で東京・秩父宮ラグビー場に、ニュージーランド(NZ)のブルーズを迎えた。ここまで1勝13敗で最下位、しかも8連敗中だったが、1万2000人以上のファンの声援を受けて8トライを奪い、48対21で今シーズン2勝目を挙げて、有終の美を飾った。


 ただ、戦前、不安は大きかった。


 ブルーズは、1996年から参入していて3回の優勝を誇る強豪。プレーオフ進出こそ逃したが、オーストラリアの5チームすべてに勝利し、勝ち点も上。しかも前節は休みのため、2週間ほど前に来日してホンダヒートと練習試合をするなど準備は万端だった。


 また、今回の布陣は6月にブリティッシュ&アイリッシュライオンズ(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの選抜チーム)に勝利したメンバーとほぼ同じで、23人中8人がオールブラックス経験者だった。

攻撃的だったサンウルブズ「やるか、やられるか」

抜群のスピードを生かして攻守に活躍したWTB福岡堅樹
抜群のスピードを生かして攻守に活躍したWTB福岡堅樹【斉藤健仁】

 そんなNZの強豪に対してサンウルブズは、今シーズン一番、内容のある試合を見せる。


 タフな南アフリカ遠征から戻って来たばかりの18人がメンバー入り。FW8人は遠征組が先発し、BKには日本で調整していたCTBティモシー・ラファエレ、ウィリアム・トゥポウ、WTB福岡堅樹という実力者3人も先発に加わった。


 当日は33度まで気温が上がると予想され、体力を温存できるようにうまく戦うことが必須だと予想していた。ただ、チームの考えは異なっていた。前日、「ラストチャンスなので『やるか、やられるか』という思いで、すべてを出したい」と、No.8ヴィリー・ブリッツは最初から攻撃的な姿勢で臨む決意を語っていた。


 そのため、ゲームプランはいつも通りだった。コンテスト(相手と競る)キックを蹴り、相手の大きなFWを背走させつつ、50/50の状況を作って、ディフェンスでプレッシャーをかけるというもの。

 この5試合ほど、後半ラスト20分で崩れることが多く、2試合前のタックル成功率は55%、前の試合も80%と低く、個々のタックル、組織ディフェンスでどこまで粘り、接戦に持ち込むことができるかも焦点だった。


 前半8分、12分に個々の能力の高いブルーズにトライを与えてしまい0対14とリードを許す。いつもと同じか……という思いもよぎったが、この日のオオカミたちは違った。

ブルーズ主将「フィジカルでサンウルブズが上回った」

ダブルタックルで相手を止め、ボール出しを遅らせた
ダブルタックルで相手を止め、ボール出しを遅らせた【斉藤健仁】

 ブルーズのアタック戦術は、サンウルブズとほぼ同じで、FWの選手を1−3−3−1と置く「ポッド」だった。中盤で仕掛けてくるFWに対し、サンウルブズのFW陣はしっかり前に出て、ダブルタックルで止め続けた。


 80分間、体を張り続けたLO谷田部洸太郎は「(近場は)FWが責任持って止めないといけない。1対2のディフェンスができるようにコミュニケーションしていた」と振り返り、ブルーズの主将ジェームズ・パーソンズも「フィジカル、ぶつかりあいでサンウルブズが上回った」。

 サンウルブズのFWが、この3試合にわたってほぼ同じメンバーで戦ってきたことも良い影響を与えたと言えよう。


 FWだけでなくBKのディフェンスも終始、不安なく見ていられた。特にCTBラファエレ、トゥポウもタックルのレンジが広く、強いため安定感は抜群だった。「試合の読みや1対1を完全に止めてくれたことが良かった。彼らの素晴らしいプレーにより、全員に勢いが生まれ、ターンオーバーが生まれた」とブリッツも称えた。


 大外にいるWTB福岡、松島幸太朗の2人もタックルスキルが高く、最初の2トライ以外は、この試合に限っては、前に出る組織ディフェンスが機能していた。課題のタックル成功率は、この試合は85%だったことも大きかった。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント