IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新生ラグビー日本代表が始動
ジョセフHCはコミュニケーション重視

リーチ、五郎丸は選外も堀江、田中らが集結

身長196cmの巨漢、ジョセフHCが率いる日本代表がスタートを切った
身長196cmの巨漢、ジョセフHCが率いる日本代表がスタートを切った【斉藤健仁】

 ついに「ジェイミー・ジャパン」が始動した。


 2019年のワールドカップまであと3年、ジェイミー・ジョセフ新HC(ヘッドコーチ)が9月に就任したラグビー日本代表は、10月9日から11日にかけて東京都内で初めてのミニキャンプを実施。今回の合宿の目的は11月5日にホームで迎えるアルゼンチン戦を含むテストマッチ4連戦に向けて、少しでも早く準備することが目的だった。


 合宿前にFW19人、BK17人の36人の日本代表スコッド(候補)を発表。FB五郎丸歩(フランス・トゥーロン)、FLリーチ マイケル(東芝)、WTB山田章仁(パナソニック)らが招集されなかったものの、昨年のワールドカップ(W杯)に出場した選手は16人、トップリーグで活躍し、初めて日本代表候補に選出された選手も15人というフレッシュな布陣となった。


 HO堀江翔太、SH田中史朗、PR稲垣啓太(いずれもパナソニック)、PR畠山健介、FB松島幸太朗(ともにサントリー)、CTB立川理道(クボタ)、LO大野均(東芝)といった経験豊富なメンバーが中軸であることは変わらない。一方でトップリーグにおいて開幕から全勝で首位を走るヤマハ発動機のPR伊藤平一郎、山本幸輝、HO日野剛志、FL三村勇飛丸ら6人が招集されたことが特徴的だった。合宿自体にはケガや家庭の事情などで参加できなかった2名を除き、追加招集のティモシー・ラファエレ(コカ・コーラ)を含む35名が参加した。

身長196cmの指揮官はコミュニケーション重視

立川(中央)と会話するジョセフ日本代表HC(左)とサンウルブズ新HCのティアティア氏(右)
立川(中央)と会話するジョセフ日本代表HC(左)とサンウルブズ新HCのティアティア氏(右)【斉藤健仁】

 今回の合宿の主たる目的は「16名の新しい選手がいるので、選手とコーチ陣の連係を作ること」(ジョセフHC)であり、「対話と連係」に主眼が置かれた。


 日本代表だけでなく、ニュージーランド(NZ)代表「オールブラックス」のFWで活躍したジョセフHCは身長196cm、体重105kgの巨漢。一際目立つ存在であり、グラウンドのどこにいるかすぐにわかるほどだ。威圧感を与えることなく、時折、大きな、人なつっこい笑顔も見せながらコーチや選手と常にコミュニケーションを取る姿が印象的だった。選手からもジョセフHCは「話しやすい」、「わからないことがあれば、どんどん聞いてほしいと言われた」という声が聞こえた。選手の意見に耳を傾けることで、チーム文化を作っていきたいという姿勢が見て取れた。

「経験の多い選手から意見を取り入れたい」

ジョセフHCは堀江(中央)ら選手の意見を取り入れる意向だ
ジョセフHCは堀江(中央)ら選手の意見を取り入れる意向だ【斉藤健仁】

 実際、合宿2日目の夜、ジョセフHCは、「経験の多い選手から意見を取り入れたい」とW杯メンバー7人のリーダーたちとミーティングを開いた。「選手の話を聞くことで勉強になります。コーチがプレーするのではなく、選手がプレーするのです。我々コーチ陣が選手の考え方や意見を理解しなければ、コーチとしての仕事をまっとうすることができるはずがない。ただ私はコーチなので いろんなことに責任があります。大事なのは、それぞれが役割を持っていると理解すること。私はセレクションや重大な決断をします」(ジョセフHC)


「選手が主体」、「プレーするのは選手」という言葉は、さまざまなスポーツを取材している中で、よく聞く言葉だ。ただ、一般的には、コーチや監督がその言葉を真に実践することは難しい。ただ2003年より指導者となったジョセフHCは、NZのウェリントンのアシスタントコーチ、HCを経て、2011年からスーパーラグビーのハイランダーズのHCとして「ラグビー王国」で10年以上の指導歴があり、ハイランダーズにおいてスーパーラグビーで下から2番目の14位と初優勝と両方を経験している。その言葉の重み、意味を受け止めて、咀嚼(そしゃく)し実践しているように感じた。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント