sportsnavi

清武を評価するモンチの眼力と“錬金術”
セビージャで最も重要な人物はSD

16年間でEL3連覇を含む9個のタイトルを獲得

セビージャにとって最も重要な人物は、会長(右)でも監督(中央)でもスター選手でもなく、SDのモンチ(左)である
セビージャにとって最も重要な人物は、会長(右)でも監督(中央)でもスター選手でもなく、SDのモンチ(左)である【写真:ロイター/アフロ】

 この夏、セビージャを最も揺るがしたのは、ウナイ・エメリ前監督の退団でも、ホルヘ・サンパオリの監督就任でも、チーム得点王ケビン・ガメイロのアトレティコ・マドリーへの移籍でも、もちろん清武弘嗣の獲得でもなかった。モンチの退団騒動である。


 2015−16シーズン終了直後の5月末、突然モンチが「辞めたい」と漏らすと大騒ぎになった。クラブ広報とは日常的に連絡を取っていたが、いきなり音信不通になったのだ。クラブが「違約金(2億数千万円)の支払いを要求する」と強硬姿勢に出ると、モンチは翻意。広報部長は「大変な激震だった。でも良かった」と安堵(あんど)のため息をついた。クラブ事務所周辺にファン有志が集まり、直接残留を訴えたこともモンチの心を動かしたのだろう。


 その時に知ったのだった。セビージャにとって最も重要な人物は、会長でも監督でもスター選手でもなく、スポーツディレクター(SD)のラモン・ロドリゲス・ベルデホ、通称モンチなのだと。


 モンチなくしてセビージャの今はなかった。2000年に補強担当としてSDに就任すると、選手を安く買って高く売るというやり方で、16年間で約1億3000万ユーロ(約150億円)もの利益を出した。財政面の貢献だけではない。この間、セビージャは国内外のカップ戦で16度決勝に進出し(UEFAスーパーカップ、スペインスーパーカップを含む)、ヨーロッパリーグ(EL)の3連覇をはじめとして、9個のタイトルを勝ち取っている。

モンチがいなくなれば、ビジネスモデルが崩壊する

12−13シーズンからELで3連覇を成し遂げたセビージャ。UEFAのクラブランキングでも10位に入っている
12−13シーズンからELで3連覇を成し遂げたセビージャ。UEFAのクラブランキングでも10位に入っている【Getty Images】

 モンチが選んだ監督のもと、モンチが発掘した選手が活躍してタイトルを獲得。市場価値が吊り上ったところで売って得た高額の移籍金が、次の補強資金となる――この好循環は、“獲った選手がかなりの確率で成功する”というモンチの眼力抜きには成立しない。


 売上高では欧州30位にも入っていないセビージャが、競争力を表すUEFAのクラブランキング(16−17シーズン)では10位に入っている。このランク差を埋めているのがモンチの腕前である。会長が代わろうが、EL3連覇を成し遂げた監督やチーム得点王が出ていこうが、モンチがいれば何とかなる。だが、モンチがいなくなれば、クラブのコンペティション&ビジネスモデル自体が崩壊してしまうのだ。


 私は昨年秋に彼にインタビューをした。“世界中にスカウトがいる”という、うわさはうそで、彼を含めてわずか16人で世界中をカバーしているとか、スカウティングには生観戦ではなくビデオをフル活用しているとか、Jリーグは追いかけていないが日本代表クラスはフルからアンダー世代までチェックしているとか、いろいろ手の内を明かしてくれた。


 スペインの中でも特に開放的なアンダルシア地方のクラブ、セビージャは家庭的なクラブで、取材者にとっては大変ありがたいところなのだが、モンチも気さくで話好きなことで知られている。サンパオリ現監督を含め、インタビュー拒否という風潮が広がっているサッカー界で、彼は記者会見にもインタビューの場にも積極的に出てきてスポークスマンを務めている。


 EL優勝祝賀会でクラブの旗をまとい、「セビージャ万歳!」と叫んだ数日後に冒頭の“退団爆弾”を落とすなど、少しエキセントリックなところはあるのだが、近づき難い雰囲気はまったくない。インタビュー以降、モンチは顔を覚えてくれて、会うたびにあいさつしてくれるようになった。清武の入団会見の時も私を見つけて、「どうだ清武は良い選手だよな! やってくれるよな!」と満面の笑顔を見せていたものだ。

木村浩嗣

元『月刊フットボリスタ』編集長。スペイン・セビージャ在住。1994年に渡西、2006年までサラマンカに滞在。98、99年スペインサッカー連盟公認監督ライセンス(レベル1、2)を取得し8シーズン少年チームを指導。06年8月に帰国し、海外サッカー週刊誌(当時)『footballista』編集長に就任。08年12月に再びスペインへ渡り2015年7月まで“海外在住編集長&特派員”となる。現在はフリー。セビージャ市内のサッカースクールで指導中。著書に17年2月発売の最新刊『footballista主義2』の他、『footballista主義』、訳書に『ラ・ロハ スペイン代表の秘密』『モウリーニョ vs レアル・マドリー「三年戦争」』『サッカー代理人ジョルジュ・メンデス』『シメオネ超効果』『グアルディオラ総論』(いずれもソル・メディア)がある

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント