IDでもっと便利に新規取得

ログイン

武豊の手腕にサブちゃん泣いた、歌った!
キタサンブラック4cm差で天皇賞・春V

キタサンブラックGI2勝目、武豊は天皇賞春7勝目

武豊騎乗のキタサンブラックが天皇賞・春V
武豊騎乗のキタサンブラックが天皇賞・春V【スポーツナビ】

 JRA古馬最強を決める伝統の一戦、第153回GI天皇賞・春が5月1日、京都競馬場3200メートル芝を舞台に行われ、武豊騎乗の2番人気キタサンブラック(牡4=栗東・清水久厩舎、父ブラックタイド)が優勝。好スタートから先手を取ると、池添謙一騎乗の13番人気カレンミロティック(セン8=栗東・平田厩舎)との叩き合いをハナ差制し、昨年10月の菊花賞以来となるGI2勝目を飾った。良馬場の勝ちタイムは3分15秒3。


 キタサンブラックのオーナーは歌手・北島三郎さんが代表を務める(有)大野商事。同馬は今回の勝利でJRA通算10戦6勝。重賞は2015年GI菊花賞、同GIIスプリングステークス、同GIIセントライト記念に続く4勝目。騎乗した武豊は2006年ディープインパクト以来10年ぶりとなる天皇賞・春7勝目、春・秋合わせて12勝目。同馬を管理する清水久詞調教師は天皇賞・春初勝利となった。


 なお、2着カレンミロティックから1馬身1/4差の3着に福永祐一騎乗の3番人気シュヴァルグラン(牡4=栗東・友道厩舎)が入線。1番人気に支持されていた吉田隼人騎乗のゴールドアクター(牡5=美浦・中川厩舎)は12着に敗れた。

「今日は武さんと一緒に歌いたくなったんです(笑)」

レース後、会心の笑みを見せる北島三郎さん(右)と武豊騎手
レース後、会心の笑みを見せる北島三郎さん(右)と武豊騎手【スポーツナビ】

 表彰式後、自然発生的にスタンドの大観衆から沸き起こった「まつり」コール。武豊にも促されて北島さんがマイクを握ると――


「♪きょうは ユタカさんと まつりだぁ〜よぉ〜」


 再び淀に響き渡った大御所の歌声は、昨年秋の菊花賞とはまた違った“色”を帯びていたように感じた。


「菊花賞よりも興奮していましたねぇ。嬉しくて泣いてしまいました。今回いただいた天皇盾は本当にズシッと重く感じます。実際の重さとありがたさとでいっぱいでした」


 菊花賞後には、こんな感動した日はありませんと北島さんは語っていたが、この天皇賞・春はその感動を上回る勝利だったのだろう。そして、しきりに武豊に歌のマイクを譲ろうとしたことについて、こんな思いを明かした。


「いったんは抜かれたんだけど、でも差し返した。さすが名手の腕、今日は武さんの力で勝てました。それで武さんの顔を見ていたら嬉しくなって歌ってしまったんですが、今日は武さんと一緒に歌いたくなったんです(笑)」


 サブちゃんのこのムチャぶりにはさすがの馬上の百戦錬磨も遠慮したため、豪華デュエットはならなかったが、“今日の主役は自分ではなく武豊だ”、この思いを歌手らしくいっしょに歌うことで表現しようとした。それほどまでに、キタサンブラックを勝利に導いた武豊の騎乗ぶりは、北島さんを心底シビれさせた。いや、淀に集まった8万弱のファンすべてを酔わせたのではないか。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント