プロローグ

 1999年4月に開催されたワールドユース。トルシエ監督に率いられた、79年生まれの“黄金世代”を中心とするU-20日本代表は、ナイジェリアの地で快進撃を見せる。決勝ではスペインに敗れたが、ワールドユース準優勝の功績は今なお色褪せることなく、日本サッカー史に燦然と輝いている。あれから20年――その功績を讃えて「同窓会」を開催。小野伸二、稲本潤一、永井雄一郎、中田浩二、南雄太、酒井友之、播戸竜二の7人が集い、思い出話に花を咲かせた。

テーマ1:トルシエ監督

テーマ2:アフリカ遠征

テーマ3:印象に残る試合

テーマ4:チームの雰囲気

テーマ5:キャプテン小野伸二

テーマ6:これからのこと

関連リンク