連載:ロコ・ソラーレ凱旋!白熱の日本カーリング選手権

ロコ・ソラーレが駆け抜けた五輪シーズン 吉田知那美が重視する「楽しむ」の精神

竹田聡一郎
アプリ限定

北京五輪で銀メダルを獲得し、地元・常呂での日本選手権で凱旋を果たすロコ・ソラーレ。サード・吉田知那美の胸中に迫った 【写真は共同】

 北京五輪の銀メダルチームが遂に日本での凱旋試合に臨む。21日に国内No.1のチームを決める日本カーリング選手権が開幕。日本カーリング界で史上初となる五輪での銀メダルを獲得したロコ・ソラーレは、優勝候補の筆頭として大会に出場する。

 吉田夕梨花―鈴木夕湖―吉田知那美―藤沢五月という不動のオーダーに加え、フィフスの石崎琴美が脇を固まるという北京五輪と同じ陣容で大会に臨むロコ・ソラーレ。地元・アドヴィックス常呂カーリングホールでの開催ということもあり、凱旋の様相を呈する今大会にどんな心境で臨むのか。「今シーズンお疲れさまと言い合って互いを称えたい」と語るサード・吉田知那美に、大会への意気込みや北京五輪後の日々について聞いた。

北京五輪の準優勝で持ち帰った「悔しさ」

北京五輪では快進撃を見せたロコ・ソラーレだったが、英国に負けたことで銀メダルとともに「悔しさ」を持ち帰った 【写真は共同】

――まずは北京五輪、お疲れさまでした。さまざまな出来事がありましたが、まずチームとして得たものを教えてください。

 やはりアイスリーディングの部分です。北京五輪では今まで経験したことのないアイスコンディションでプレーする中で、その日のアイスの状況だけをシンプルに考えて、アイスリーディングとコミュニケーションをしてきました。五輪という大舞台でアイスリーディングの重要性を改めて学べたのは、チームとしても大きなプラスだと思います。

――ロコ・ソラーレにとって今シーズンは長丁場の戦いでした。昨年9月(北海道稚内市)の五輪代表決定戦、12月の五輪最終予選(オランダ・レーワルデン)、2月の北京五輪本番。そして、日本選手権に向けて4回目のピークを作っています。そのあたりの難しさについては?

 私たちが4年間で積み重ねたカーリングのエネルギーを北京五輪でかなり費やしてしまったのは事実ですね。五輪後のミーティングで日本選手権を含むシーズン終盤に向けて「何をモチベーションにするべきか」という意見もチーム内で挙がりました。

 でも同時に北京五輪の決勝では、英国に敗れて悔しい思いをしました。その「おかげ」というのもおかしいんですけれど、負けたことでちゃんと悔しさも持って帰ることができましたね。練習も五輪前にしていたものを見直し、「五輪の改訂版」として取り組むことができて良かったと思います。

――4月に参加したワールドツアーのグランドスラム、プレーヤーズチャンピオンシップ(カナダ・トロント)でまた世界に挑戦できたのもチームとして大きかったのでしょうか?

 そうですね。その時にJDコーチ(ジェームス・ダグラス・リンドナショナル)から「カーリングは試合に向けてシリアスにエネルギーを捧げること、プレーする楽しさを蓄えていくこと。その2つの作業がないと、長くは続けられないし強さを保つこともできない」という話があって、それはすごい納得しました。

――そのプレーヤーズチャンピオンシップはテレビ朝日がCSではありますが、日本のメディアとして初めて中継をしてくれました。

 これまでは一部の選手しか知らない世界だったものが、ファンの人にも知ってもらえたのはすごく嬉しい出来事でした。グランドスラムを1大会通して見てもらうとカーリングのいろいろなことが分かるので、またそういうチャンスがあればいいなと思います。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

竹田聡一郎

1979年神奈川県出身。2004年にフリーランスのライターとなりサッカーを中心にスポーツ全般の取材と執筆を重ね、著書には『BBB ビーサン!! 15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅』『日々是蹴球』(講談社)がある。カーリングは2010年バンクーバー五輪に挑む「チーム青森」をきっかけに、歴代の日本代表チームを追い、取材歴も10年を超えた。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント