連載:堀米雄斗「いままでとこれから」

堀米雄斗が挑んだ東京五輪 直前の練習で怪我、不安な気持ちで本番へ

堀米雄斗
アプリ限定

オリンピックの延期

オリンピック前にかっこいいパートを残したくて撮影に励んだ 【写真:KADOKAWA】

 2016年にスケートボードがオリンピック種目に決まったとき、僕はまだ高校3年生。実感もないので当然意識はしていなくて、アメリカに移住してからもずっとSLSのことばかりを考えていた。

 でも2020年が近づくにつれ、スケートボードが種目となって初めてのオリンピックが地元で開催され、それに出場できるチャンスがあるなら、絶対に出たいという気持ちが強くなってきた。だから延期が決定したときは、少しがっかりした。

 でも新しい技を1年かけて考えられるし、オリンピック前に新しいパートも撮っておきたかったので、その時間ができてよかったとすぐに気持ちを切り替えられた。

 パートを撮りたかったのは、その頃たくさん大会に出ていたことで大会スケーターみたいに見られてしまっていたから。

「あいつ大会では勝つけど、パートは全然撮ってないじゃん」と言われていたし、オリンピックの後にそう言われたくなかった。

 それにスケボーが種目となって初めての東京オリンピックは、きっと注目されて歴史に刻まれる大会になるから、勝てたときに「雄斗はストリートでもパート残して、金メダルも獲った」って言われるスケーターになりたかった。

 だからオリンピック前にかっこいいパートを残したくて、すぐに撮影に取り組んだ。

※リンク先は外部サイトの場合があります

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

1/3ページ

著者プロフィール

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント