ドラフト前に直撃!敏腕スカウトが明かす選手評価

今年こそ指名漏れからの逆襲なるか? 敏腕スカウトが推す「社会人・独立野手」

瀬川ふみ子
アプリ限定

米村スカウトからは「さらに打てるようになったらレギュラー争いに食い込める」と最上級の評価を受けている中川智裕 【写真は共同】

 2021年ドラフト会議が迫ってきた。昨年のドラフトを振り返ると、稀に見る「新人の当たり年」と言われるように、即戦力と評された選手の活躍が目立つ結果となった。その流れに乗じて今年も即戦力に人気が集まるのか、それとも、前評判の高いダイヤの原石に指名が競合するのか。ドラフト候補選手が出そろったところで、苑田聡彦スカウト統括部長(広島東洋カープ)と米村明アマスカウトチーフ(中日ドラゴンズ)に直撃。“敏腕”で鳴らす二人のスカウトに、上位指名が予想される有望選手の評価を明かしてもらった。

 第6回は、「社会人・独立野手」編。アマチュア球界を代表するバットマンの能力と将来性について、苑田・米村両スカウトが教えてくれた。また、指名漏れの悔しさをバネにプレーする逢澤崚介(トヨタ自動車)、向山基生(NTT東日本)らはどのような成長を遂げているのか? プロのスカウトの目に留まる社会人スラッガーを紹介する。

中川智裕(セガサミー/187cm、88kg、右右)

苑田スカウト「力をつけてきている大型内野手」

 社会人の内野手では、中川選手がいいですね。187センチと体格に恵まれていて、パワーはあります。大田スタジアムでホームランを見ましたが、すごいなと思いました。あとは、タイミングの取り方と、内野手としての動きを磨いていけばいいと思います。

米村スカウト「プロで通用する大型ショート」

 近大付高、近畿大の学生時代から見ていますが、練習では抜群の長打力を見せるものの、試合では今ひとつ積極的にバットを振っていけない選手でした。でも、セガサミーに入って2年、西田真二監督(元広島)の「三振してもいいからしっかり振ってこい」という言葉で気持ちが楽になったのかな、バッティングに積極性が出てホームランを量産しています。身長が187センチあり、それでいて体をうまく使えていますし、地肩も強く、三遊間の深いゴロをノーバウンド送球してアウトにできる。すでにプロで通用する水準にある大型ショートであり、バッティングはまだ伸びしろがある。うちに来て、さらに打てるようになったら京田(陽太)といい争いをするんじゃないかな、そのぐらい高評価できる選手です。

※リンク先は外部サイトの場合があります

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント