IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「実力校ランキング・21年夏」千葉編
常連・木更津総合が“2強”を追う構図か

アプリ限定

1位は専大松戸。センバツでは中京大中京に0対2で敗れ1回戦で姿を消したが、その後の春季大会で関東を制して実力を証明した
1位は専大松戸。センバツでは中京大中京に0対2で敗れ1回戦で姿を消したが、その後の春季大会で関東を制して実力を証明した【写真は共同】

 この夏、千葉大会を勝ち抜いて甲子園出場を果たすのはどこか。センバツ出場校で、春の関東大会で優勝を飾った専大松戸に加えて、その専大松戸を春の県大会決勝で破った新興校の千葉学芸も有力な候補だろう。甲子園常連校の木更津総合をはじめ、他にも力のある学校は多く、今年も「戦国千葉」から目が離せない。7月1日の大会開始を前に、ライターの上原伸一氏に有力10校の順位づけをお願いした。


(ランキング表はコラムの最後に掲載します)

センバツ出場の専大松戸らが軸か

 今年の「戦国千葉」は2強の様相を呈している。このランキングでも2強をトップ2とした。


 1位は名将・持丸修一監督率いる専大松戸だ。昨秋は県3位で出場した関東大会でベスト4に入り、初めてセンバツの切符を獲得。春は県準優勝も、9度目の出場で関東大会を初制覇した。


 日本ハムの上沢直之やソフトバンクの高橋礼らを輩出している専大松戸は、今年も投手陣が充実している。中心となるのは、サイドスローの深沢鳳介と岡本陸の両3年生右腕。成長著しい岡本は、銚子商との春の県2回戦で144キロを計測した。関東大会決勝では中舘宙(3年)が先発して好投と、「ダブルエース」に続く投手も出てきた。打線も左の中距離砲で主将の吉岡道泰(3年)を中心につながりがある。

上原伸一

1962年、東京生まれ。外資系スポーツメーカーなどを経て、2001年からフリーランスのライターになる。野球では、アマチュア野球のカテゴリーを幅広く取材。現在はベースボール・マガジン社の『週刊ベースボール』、『大学野球』、『高校野球マガジン』などの専門誌の他、Webメディアでは朝日新聞『4years.』、『NumberWeb』、『ヤフーニュース個人』などに寄稿している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント