IDでもっと便利に新規取得

ログイン

チェンは数、羽生はクオリティーで勝負
無良崇人が語る世界選手権の見どころ

アプリ限定

世界選手権の男子シングルには、日本代表として、羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真の3名が出場する
世界選手権の男子シングルには、日本代表として、羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真の3名が出場する【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

 フィギュアスケートの世界選手権が3月24日から、スウェーデン・ストックホルムで行われる。日本男子は五輪連覇の羽生結弦、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨、そして伸び盛りの鍵山優真の3人が出場。最大のライバルは、3連覇を狙うネイサン・チェン(米国)だ。2014年四大陸選手権王者の無良崇人さんに、男子のみどころを語ってもらった。(取材日:3月19日)

今回の羽生は「19年の世界選手権より高いところを……」

2014年の四大陸選手権王者である無良崇人さんに、それぞれの選手の見どころについて語ってもらった
2014年の四大陸選手権王者である無良崇人さんに、それぞれの選手の見どころについて語ってもらった【写真:本人提供】

ーーコロナ禍のなか、世界選手権が開かれます。羽生結弦選手は、今季初戦となった全日本選手権でパーフェクトな演技を見せてくれました。


 全日本選手権の公式練習を見た時から「昨季よりも身体のキレが良いな」と感じていました。練習では、かなりスピードを落とした状態から4回転を跳んで動きを確認している時がありましたが、スピードを使わなくても、ジャンプの高さ、回転の速さ、キレの良さが際立っている印象でした。その余裕が、本番になったときに体力的な余裕になったり、ジャンプの精度が上がっていたりして、今季初戦とは思えないほどの状態の良さを感じました。


ーー具体的にはどんなジャンプ技術での変化を感じましたか?


 今まではジャンプを跳びにいく時に、スピードをうまく使っている感じでした。今季は身体のバネや、全身をうまく使って高く上がる力に変えている感じです。今季のようにポンッと上がる感じを出すには、筋力と使い方、両方が変わったのかなと感じました。


ーー自主練習のなかで、トレーニングを工夫されてきた様子でしたね。


 インタビューを見た限りだと、自分できっちりと身体作りをして、新しいトレーニングにも挑戦してきた様子でしたね。コーチ不在の練習環境のなかで、身体作りをしていくことは本当に難しかったと思います。でも逆にコーチがいないことで、自分が試合に向けてどういう風に積み上げていけばいいのか、計画的に全日本まで考えながらやることで、今回の世界選手権や来季の北京五輪を見据えて、自分の積み重ね方をシミュレーションしているように感じました。


ーーいかに試合にピークを合わせるかということを、シミュレーションしたのでしょうか。


 ピークを合わせるというよりも、全日本選手権は、もう1個上を目指すための通過点という位置づけにしていたのかなと思います。「12月の時点でここまでできていれば大丈夫」という雰囲気で、そこから2カ月半あいた世界選手権ではもう一段感ギアを上げることを想定している、という様子に感じられました。そういった点では、今回の世界選手権は2019年世界選手権(さいたま)や2019年グランプリファイナル(トリノ)よりも高いところを目指してきていて、ネイサン・チェン選手との接戦が見られると期待しています。


ーー筋力がアップし、使い方も上手になった。それはクワドアクセルも意識してのことでしょうか。


 20歳後半となった今、これからさらにクワドアクセルを考えていくには、何を変えないといけないのか、何が足りないのか、というのを考えたと思います。僕自身の経験でも、20代半ばを過ぎると状態を維持するのも大変になってくるので、さらに上げるには、今までと同じトレーニングでは足りなくなります。考えた結果、ジャンプの跳び方や身体の使い方を変えていこうとしているのかなと思いました。


ーー世界選手権ではどんなジャンプ構成が期待できるでしょうか。

野口美恵

元毎日新聞記者、スポーツライター。自らのフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆。日本オリンピック委員会広報部ライターとして、バンクーバー五輪を取材した。「Number」、「AERA」、「World Figure Skating」などに寄稿。最新著書は、“絶対王者”羽生結弦が7年にわたって築き上げてきた究極のメソッドと試行錯誤のプロセスが綴られた『羽生結弦 王者のメソッド』(文藝春秋)。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント