IDでもっと便利に新規取得

ログイン

箱根駅伝はこの選手に注目〜予選会校編〜
順大&中大の1年生ルーキー対決にも期待

アプリ限定

 青山学院大が圧倒的な強さで総合優勝を果たした前回大会から早1年が経ち、いよいよ第97回箱根駅伝(2021年1月2日、3日開催)が近づいてきた。


 12月10日のチームエントリーでは、一部の大学でエース級が登録から外れるなどハプニングがあり、本番における優勝争いやシード権争いは一層激しさを増しそうだ。


 チーム同士の争いのほか、個人の区間賞争いも箱根駅伝の見どころのひとつ。前回大会は2区で相澤晃(東洋大、現・旭化成)と伊藤達彦(東京国際大、現・Honda)がし烈なつばぜり合いを見せ、4区では青山学院大の吉田祐也(現・GMOアスリーツ)が相澤の持つ区間記録を上回る爆走で首位に浮上し、大会を大きく盛り上げた。


 今回、箱根路の注目はどの選手か。「シード校」と「予選会通過校」に分けて紹介していこう。本稿では予選会通過校から6選手をピックアップする。

スーパールーキーたちが箱根デビューへ

予選会、全日本大学駅伝と快走を見せた順天堂大期待のルーキー・三浦は、箱根でどんな走りを見せるか
予選会、全日本大学駅伝と快走を見せた順天堂大期待のルーキー・三浦は、箱根でどんな走りを見せるか【写真は共同】

三浦龍司(順天堂大1年)

 3000メートル障害で高校記録、U20日本記録、学生記録を保持。出身は島根だが、京都・洛南高に越境入学して順天堂大に進んだ。10月の箱根駅伝予選会では大迫傑(現・ナイキ)が持っていたハーフマラソンのU20日本最高記録を6秒上回る1時間1分41秒で日本人トップ(5位)。11月の全日本大学駅伝1区でも区間賞を獲得している。12月4日の日本選手権は直前の練習で脚を痛めて欠場したが、箱根駅伝は無事に登録メンバー入り。1区にエントリーされ、補欠登録された同学年の吉居大和(中央大)とのライバル対決にも注目。

月刊陸上競技
月刊陸上競技

「主役は選手だ」を掲げ、日本全国から海外まであらゆる情報を網羅した陸上競技専門誌。トップ選手や強豪チームのトレーニング紹介や、連続写真を活用した技術解説などハウツーも充実。(一社)日本実業団連合、(公財)日本学生陸上競技連合、(公財)日本高体連陸上競技専門部、(公財)日本中体連陸上競技部の機関誌。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント