IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花田勝彦氏の箱根駅伝区間解説・復路編
重要性増す7区に、エース級の配置も増加

アプリ限定

前回驚異的な区間新記録をマークした館澤。平地では中々出ないスピードが出るため、走者自身が速度に慣れていることも重要だ
前回驚異的な区間新記録をマークした館澤。平地では中々出ないスピードが出るため、走者自身が速度に慣れていることも重要だ【写真:松尾/アフロスポーツ】

 第97回箱根駅伝が2021年1月2日、3日に行われる。前回大会は7区間で区間新記録が出る高速レースとなった。今季の前半戦シーズンはコロナ禍の影響で多くの試合や記録会が中止になったが、秋以降、どの大学でもトラックで好記録が出ており、高速化の流れは止まらなそうだ。ここでは、箱根駅伝10区間それぞれの特徴や攻略のための戦略を、GMOインターネットグループ(GMOアスリーツ)で監督を務める花田勝彦氏が解説する。第2回の今回は、幾度となく逆転劇が繰り広げられた復路5区間を見ることにしよう。

構成:加藤康博

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント