IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前園真聖が選ぶ「選手権歴代ベスト11」
スーパーだった清商、別格のオグと良治

アプリ限定

前園さんチョイスの歴代ベストイレブンには、清商から最多の4名を選出。大岩、名波、山田の3人がそろった1学年上のチームは、「スーパー強かった」と述懐する
前園さんチョイスの歴代ベストイレブンには、清商から最多の4名を選出。大岩、名波、山田の3人がそろった1学年上のチームは、「スーパー強かった」と述懐する【YOJI-GEN】

 現役時代、その切れ味鋭いドリブルで“和製マラドーナ”とも呼ばれた前園真聖さん。名門・鹿児島実業では1年生からレギュラーを張り、高校選手権には3年連続出場。2年次の90年度大会では準優勝も飾っている。そんな前園さんに、高校時代に実際に対戦した選手を中心に、選手権の歴代ベストイレブンを選出してもらった。とりわけ強く印象に残るのは、当時“史上最強”とも言われた清水商業のタレントたち、そして同級生の「怪物と天才」だったようだ。

大人のサッカーの中心にいた3人

──今回は高校時代の前園さんが、実際に戦って印象に残っている選手を中心に、ベストイレブンを選出していただきます。


 選考が難しかったのがディフェンダ―(DF)ですね。2バックじゃダメですか?(笑)


──できれば3バックにはしたいですね。


 うーん、分かりました。では、挙げていきますね。ゴールキーパーが(川口)能活、DFが中西永輔と(大岩)剛くん、とりあえずこの2人。中盤が(上野)良治、石塚(啓次)、名波(浩)くん、そして僕。FWがオグ(小倉隆史)、城彰二、山田隆裕くん。


──3-4-3にするなら、DFがあと1人。


 そうですね。ちょうど入れ替わりの学年で、微妙に被ってはいないんですけど、ここは松田直樹を入れておきます。


──これで11人が出そろいましたね。


 ただ、同じく対戦はしていませんが、上の世代ですごく印象に残っているのは、礒貝(洋光/帝京)くんです。まさに天才でしたね。ずっとテレビで見ていましたし、憧れの選手でした。


──誰かと入れ替えますか?


 うーん……。残念ですけど、今回は基本的に同世代からの選出としたので、礒貝くんは外します。


──分かりました。では、ここからは各選手の選考理由を伺っていきます。まずはGKの川口さんから。前園さんが鹿児島実業(以下、鹿実)の3年生の時に、清水商業(以下、清商=学校統合により13年に閉校。跡地に清水桜が丘が新設)の1年生GKだった川口さんと選手権(91年度大会)の3回戦で対戦していますね。

吉田治良

1967年、京都府生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、『サッカーダイジェスト』編集部へ。その後、94年創刊の『ワールドサッカーダイジェスト』の立ち上げメンバーとなり、2000年から約10年にわたって同誌の編集長を務める。『サッカーダイジェスト』、NBA専門誌『ダンクシュート』の編集長などを歴任し、17年に独立。現在はサッカーを中心にスポーツライター/編集者として活動中だ。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント