IDでもっと便利に新規取得

ログイン

紀平梨花・珠玉のベストショットを厳選
控えめな笑顔の瞬間に彼女らしさが出る

アプリ限定

 アスリートの瞬間を切り取り、観る者に感動を増幅させてくれるスポーツフォトグラファーたち。すべての人間が同じプログラム、同じシーンを観ているなかで、彼らはいかにスケーターの「らしさ」、そして自分の写真「らしさ」を表現しているのだろうか。第2回は、紀平梨花選手の「珠玉の一枚」を4人のスポーツフォトグラファーが厳選。被写体としての紀平選手をどう切り取ったのか、その撮影意図について語ってもらった。

坂本清「新たなヒロイン登場に会場が沸く瞬間」

2017年全日本選手権
2017年全日本選手権【写真:Kiyoshi SAKAMOTO】

 2017年の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた全日本選手権からセレクトしました。私は当時のフリーのプログラムである『道』にすごく思い入れがあります。この時の全日本選手権は、平昌五輪の出場権がかかっていた大会だったのですが、当時15歳だった紀平選手は年齢制限で平昌五輪に出場できませんでした。ちなみに、この『道』という曲は10年前に高橋大輔選手が使用していた曲で、高橋選手はこの『道』でバンクーバー五輪の出場を決めました。


 紀平選手はこの大会で、ショートで1本、フリーで2本、計3本のトリプルアクセルを決めて、合計208.03点をたたき出し、3位で表彰台に上りました。


 今回私がセレクトした写真は、紀平選手が2回目のトリプルアクセルを跳んだ後のシーンかと記憶しています。背景に写る観客がみんな拍手をしていて、喜んでいるのが分かると思います。

構成:スリーライト

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント