IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パ・リーグ各球団の週間MVPは?
中田が4発13打点、メヒアは5発8打点
パ・リーグ各球団の週間MVPは?
パ・リーグ各球団の週間MVPは?【写真は共同】

 2020年のプロ野球シーズン・第9週(8月10日から8月16日まで)における各球団の週間MVPを選出する。

ソフトバンク:柳田悠岐


 楽天相手に2勝4敗と負け越した先々週から、オリックス相手に5勝1敗とV字回復の戦いを見せた先週のソフトバンク。先々週の6試合で計24打数9安打の打率.375をマークした柳田が、先週の6試合でも計24打数9安打の打率.375と好調をキープ。3安打を放った11日の第1戦では、第2打席で13号2ランを放つと、第4打席では変則左腕・齋藤綱記のスライダーに泳ぎながらも右手一本で捉えてホームランテラスに放り込む驚がくの14号3ランで計5打点。翌12日も3安打の猛打賞をマーク。14日の第4戦では「完璧でした」と決勝3ラン。猛暑が続く中、この男のバットは止められそうにない。

楽天:茂木栄五郎


 敵地での西武6連戦を3勝2敗1分けで終えた楽天。3連勝スタートを切っただけに、後半3試合が悔やまれるが、その中で快音を響かせ続けたのが、3番打者の茂木だ。11日の第1戦で猛打賞をマークすると、12日、13日は両日ともタイムリーを含む2安打で勝利に貢献。14日の第4戦では、チームは惜しくも敗れたが、初回に4号2ラン、2回に5号3ランと2打席連続本塁打の後、4回にもタイムリーを放ち、自己最多の1試合6打点の活躍を見せた。第5戦、第6戦でも1安打ずつをマーク。先週の全6試合でヒットを放ち、計28打数12安打の打率.429、2本塁打、10打点。今季通算打率を.339までアップさせた。

ロッテ:田村龍弘


 4勝2敗で先週の日本ハム6連戦を終えたロッテ。4勝中3試合が逆転勝ちという接戦が続いた中、田村が攻守でチームを引っ張った。12日は唯一のベンチスタートとなったが、その試合で代打出場から2安打をマークすると、翌13日は先制のタイムリー二塁打&追撃の1号ソロで勝利に貢献。翌14日は2試合連続の今季2号3ランと打撃開眼。16日の第6戦では8回2死二塁からセンターの頭上を越える勝ち越しのタイムリー二塁打を放ってみせた。先週の6試合で20打数6安打の打率.300で2本塁打、6打点。2ゲーム差で迎える今週の首位・ソフトバンク6連戦へ向けて「全勝したいと思います」と宣言した。


ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント