IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
柏原竜二が見せた涙の意味
「本気」がチームを成長させる

第5回

2011年の全日本大学駅伝、泣きながらゴールした柏原
2011年の全日本大学駅伝、泣きながらゴールした柏原【写真は共同】

「日々は小さな奇跡で成り立っている。大きな奇跡を成し遂げようと思ったら、小さな奇跡に気づいて、日々やるべきことをやる。生かされた者として、やらなければならない」


 2011年は、忘れられない大きな出来事が起こった年でした。

 3月11日の東日本大震災です。


 私たち夫婦は福島県出身ですが、東洋大学陸上競技部には柏原竜二をはじめ、当時は福島県出身の部員が6人もいました。家族はみな無事でしたが、私と妻の実家も、部員たちの実家も被害に遭いました。


 冒頭は震災後に部員たちに伝えたメッセージです。

 柏原は、下級生のころは人前に出ることがあまり好きではありませんでしたが、震災後は「自分にも何かできないか」と率先して復興支援イベントに参加しました。


 東北の人たちに元気を与える、そして感動を届ける走りをしたいという意志が強かったのでしょう。彼は、好きな陸上ができる、練習できるのは幸せなことだと言っていました。


「苦しいときこそ、諦めずに懸命に走る姿を見せよう」


 私も選手たちも、使命感に燃えていました。


 初めて本気で学生駅伝三冠を狙ったこの年、出雲駅伝では1区の柏原が気負いからか6位とやや出遅れました。しかし、2区から追い上げ、3区の設楽悠太、4区の田中貴章、5区の市川孝徳(現・日立物流)と連続で区間賞を取りました。田中でトップに立って、アンカーの設楽啓太が初優勝のテープを切りました。


 柏原の遅れを他のメンバーで巻き返すという過去にない勝ち方で、柏原頼みからの脱却を目指したチーム作りが実を結びつつあると実感できました。

 ただ、自信は慢心にもなります。次の全日本大学駅伝では、主導権を握ることができず、アンカーの柏原に渡ったときには1位の駒澤大と1分40秒もの差がついていました。


 柏原は走り出す前、私にこう言いました。


「2位もシード落ちも一緒なので、初めからハイペースで行きます。僕に任せていただけますか?」


 私は柏原の気迫を感じました。1年前のこの大会では自信がなく、レースが怖いくらいだった彼が、闘将と呼ぶにふさわしい男に変わっていました。


 私は「任せる」とだけ言いました。


 逆転は難しい差でしたが、柏原は最後まで諦めることなく攻め、33秒差まで追い込んで区間賞を取りました。2位でゴールした柏原は、珍しく泣き崩れました。本気で頂点を狙っていたからこそ、自然と涙があふれたのです。


 柏原が泣き崩れながらゴールテープを切るシーンは、4年間で一度きりです。感情で走る選手なので、周りに伝える力も大きく、チームメートにもその思いは伝わっていました。


「諦めたらダメなんだ」「箱根駅伝は絶対に勝つ」という気持ちが強くなりました。

 特に下級生が殻を破り、本気になった。チームが成長する敗戦でした。


 このときは、選手たちが2位で悔し泣きをしていました。勝ちたい気持ちが強かったからです。しかし、彼らに闘争心が感じられなかったときには注意します。良い走りができないこと、負けたこと自体に叱るのではなく、勝つ意欲がなかったり、諦めてしまったりすることは東洋大の目指す走りではありません。


 三冠が消えたことは悔しかったですが、全日本大学駅伝を落としたことで、箱根駅伝に向けてもう一度チームワークを高めていくことができました。


 大切なのは、最後まで諦めない心です。気持ちは走りにも大きく影響するのです。


※本記事は書籍『怯まず前へ』(ポプラ社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年11月17日)当時のものです。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント