IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
東洋大の目指すチーム論
継続的に勝つために必要なこと

第4回

佐々木功・元監督がデザインした東洋大陸上競技部の「TU」マークが入ったユニフォーム(写真は設楽悠太)
佐々木功・元監督がデザインした東洋大陸上競技部の「TU」マークが入ったユニフォーム(写真は設楽悠太)【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 東洋大陸上競技部のユニフォームは鉄紺色で、胸に「TU」のマークが入っています。


 TUのデザインは、「LSD理論(長距離トレーニング法の一種)」を広く普及させた佐々木功・元監督がデザインしたと聞いています。

 私はTUのデザインが好きです。ユニフォームはインカレ用と駅伝用があり、デザインは異なります。


 学生時代、インカレ用のユニフォームは4年間一着のみで、自分で購入しましたが、駅伝用のユニフォームは箱根駅伝の16人にエントリーされることで毎年支給されました。


 私は4年生の時に、エントリーメンバーに入りながらも走ることができませんでした。着用しなかったTUのユニフォームは、今も包装袋に入れたままの状態で大事にしまってあります。当時の悔しさをいつも忘れることはありません。それでも一生の宝物です。


 TUに対する想い入れは大きく、このTUをさらに光り輝くものにしていきたいと考えます。


 次代に向けてTUのブランド化を図るためにも、勝ち続ける、負けないチーム作りが必要だと私は思います。それには、仮に主力選手がケガをしても新たに戦力となる選手を輩出し、成績を落とさないチーム作りが求められます。


 優勝するためには、さまざまなレース状況や気象条件に順応できる個人のタフさや、変化に対応できるチーム作りが求められます。規律が強く、個性や個人の力が委縮されるようなチームでは勝てません。


 勝つチームは、1人のエースや指導者だけが組織を牽引するのではなく、部員それぞれに役割を与え、責任やリーダーシップを分散させるようなチームです。

 みなが別々の方向を向いていると、当然ながら組織としての結果は出ません。あくまで変化に対応しながら、組織の目標に向かって、人材の力を最大限に引き出すことが大切です。


 箱根駅伝で優勝するためにどのような戦い方をしていくのかというビジョンや戦略が、組織全体に浸透しているのが強いチームです。


 そして、この組織のなかで、自分の役割が何かを自覚できているかどうか。任された範囲内で他のメンバーをリードしていく自覚をそれぞれに持たせることで、複数のリーダーシップが生まれます。


 継続的に勝てるチームになるためにも、役割と責任を分担できる組織をつくっていきたいと考えています。


※本記事は書籍『怯まず前へ』(ポプラ社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年11月17日)当時のものです。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント