IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
「その1秒をけずりだせ」
東洋大の伝統に込めた思い

第3回

「その1秒をけずりだせ」の文字を左腕に書いて走る服部勇馬
「その1秒をけずりだせ」の文字を左腕に書いて走る服部勇馬【写真:アフロスポーツ】

 負けたときこそ、大胆な改革が必要です。


 早稲田大に負けた2011年の箱根駅伝の10日後、私は新4年生になる柏原竜二をキャプテンに指名しました。


 当時、東洋大ではキャプテンが箱根駅伝を走れないというジンクスが5年も続いており、それを断ち切るためにも、柏原のような強いキャプテンシーが欲しかったのです。


 闘将として、先陣を切ってほしい。私は柏原に言いました。


「柏原に任せる」


 すると彼は、「監督に言われたからにはやります。言葉だけでなく、走りや行動でみんなを引っ張ります」と答えてくれました。もし、箱根駅伝に勝っていたら、柏原は断ってきたかもしれません。負けた後だからこそ、自分が先頭に立って引っ張る覚悟があったのでしょう。

 2011年度のスローガンは、「その1秒をけずりだせ」に決まりました。箱根駅伝の敗戦を振り返ったとき、選手たちからは「全員が1秒、1秒を大切にしていれば……」といった言葉が聞かれました。


「21秒」は1人でも何とかできる差です。でも、「俺が何とかできた」ではなく、「1秒をみんなで背負う」という思いから、「その1秒をけずりだせ」が誕生しました。


 走った10人だけではない。指揮した私はもちろん、サポートにまわった部員にも背負うべき責任がありました。そこで、「自分たちから何かできないか、生み出せないか」という意味で「けずる」という表現にしました。初めは「1秒をけずりだせ」でしたが、後から「その」を前に付けました。


「その」に込められた思いもあります。


 人と場面を「その」に当てはめてみる。人ならばライバル、お世話になっている人、または誰かに勝利を届けたいとイメージするのもいいでしょう。場面ならば勝ったシーン、負けたシーン、思い出のシーンなど。「こうなりたい」と想像しながら、それぞれの思いを込めようという意味で、「その」を入れました。


 思いを胸に挑んだ2012年の第88回箱根駅伝で王座奪還を果たし、「その1秒をけずりだせ」が東洋大らしさ、そしてチームカラーである鉄紺の走りにつながっていきました。

 当初は2011年度のスローガンでしたが、継続しているうちに、東洋大のチーム・スローガンとして定着しました。2013年度には、当時2年生だった服部勇馬がマジックで腕に「その1秒をけずりだせ」と書いて駅伝に臨んだことから、徐々に他の選手も書くようになりました。


 自らを奮い立たせたり、苦しいときに腕の文字を見て気合いを入れたりするために、現在では多くの選手が自発的にやっています。


 言葉を作ること、チーム作りのためのスローガンは本当に大切だと実感しましたし、選手が入れ替わっても受け継いでいかなくてはいけない走りがあると改めて気づかされました。


 たまたま誰かがいたから勝てたのではない。どんなときでも諦めない、見ている人々に何かが伝わる走りを目指そう。そのために、レースだけでなく日常生活から1秒をけずりだそう、と選手たちには話しています。


 東洋大の象徴は、最後まで諦めない走り、画面を通じてでも伝わる闘争心です。

「鉄紺」の「鉄」にふさわしく、意志が固く、誰からも必要とされる選手になるように。凡事徹底して強い人間、強いチームを目指していきたい。


 調子が良いときだけ走れるのではなく、常に再現性のある走りをこれからも求めていき、条件が悪いときにこそ強いチーム、力を発揮できるチームを目指します。そして、常に再現性のある走りをこれからも求めて、東洋大を巣立った後も自立して、さらなる走りを追求できる基礎をつくっていきます。


※本記事は書籍『怯まず前へ』(ポプラ社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年11月17日)当時のものです。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント