IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
2011年の早大・渡辺監督に見た「覚悟」
指導者の本気が勝敗を分ける

第2回

2011年の箱根駅伝、早稲田大・渡辺監督(写真左端)の「覚悟」を感じたという
2011年の箱根駅伝、早稲田大・渡辺監督(写真左端)の「覚悟」を感じたという【写真:日本スポーツプレス協会/アフロスポーツ】

 2011年の箱根駅伝で優勝した早稲田大の総合記録は10時間59分51秒でした。それまでの大会記録が11年前の駒澤大の11時間03分17秒だったのを、早稲田大が一気に10時間台に引き上げました。負けたとはいえ、東洋大も11時間00分12秒の大会新記録。1位と2位の差が21秒というのは、大会史上最小でした。


 東洋大が初優勝した2年前が11時間09分14秒、連覇した1年前が11時間10分13秒ですから、大幅に縮めたのですが、それでも早稲田大に勝てませんでした。

 私の戦略、戦術が早稲田大の渡辺康幸・駅伝監督(現・住友電工陸上競技部監督)に負けました。気象条件に恵まれたものの、まさか11時間を切るとは予想していませんでした。


「11時間3分を切れば勝てるだろう」と考えていた私に対し、渡辺監督ははじめから11時間を切るくらいの気持ちでいたそうです。覚悟が違っていました。


 渡辺監督は早い段階から学生駅伝三冠を宣言して、実際に成し遂げました。優勝した後を想定し、選手たちに胴上げをしてもらうときに楽に持ち上がるよう、空いた時間に走って減量までしたのです。


「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」


 山本五十六の名言にあるように、指導者が本気で実践して、「勝つぞ」と言って聞かせる。渡辺監督のような、現役時代にスター選手だったカリスマ性のある方が実際に走っている姿を見れば、選手たちも動きます。早稲田大は、気迫に満ちていました。


「5区までに絶対に東洋を離す」


 柏原から逃げ切るために、1人ひとりが強い思いを持っていました。

 東洋大も8区の千葉優、9区の田中貴章、10区の山本憲二が3連続区間賞を取りましたが、早稲田大も上級生たちが区間2、3位で走ったので、一気に差が縮まることはありませんでした。それでも、3人はよく追ってくれたと思います。


 アンカーの憲二は最終的に21秒差、距離にして100mほどのところまで追い上げました。憲二は最後まで前だけを見つめて、すごく良い表情で走っていたので、後で陸上関係者から「山本君はいい顔をしていたね」と言っていただいたこともありました。


 憲二に勢いがあったので、早稲田大のアンカー・中島賢士選手も、運営管理車に乗る渡辺監督も気が気ではなかったようで、何度も後ろを振り返っているのが見えましたが、中島選手がゴールしたときには、「ああ、届かなかった」と思いました。


 追っても、追っても届かなかった。早稲田大がゴールした瞬間、そのえんじの背中とガッツポーズの光景は今でも鮮明に覚えていて、忘れることができません。


 早稲田大は高校時代に全国トップクラスだった選手がずらりと並ぶエリート集団でしたから、スピードが求められる出雲駅伝や全日本大学駅伝は本当に強かった。


 個人のプライドを捨て、ユニフォームの胸にある「W」に対するプライドを持って、なりふり構わずぶつかってきた。本来であれば私たちがやらなくてはいけなかったことを、相手にやられてしまいました。


 私はゴール後の大手町で、選手たちに吠えるように訴えました。このときは無心で言葉が出ました。魂の言葉でした。


「早稲田には能力の高い選手たちが入学しているのだから、同じ練習、同じ取り組みをしていては勝てない。3倍も、4倍も努力しなくてはならない。君たちが3倍も4倍も努力するのなら、指導者も同じようにグラウンドで3倍、4倍と努力する。一緒にやっていこう」


 11時間を切るレースに勝つには、私も覚悟を決めなければなりません。ある意味、精密機械のように、序盤の入りを考え、ペース配分を組み立て、適材適所の配置をしなくては勝てない。今までのやり方ではなく、常識とされることの概念を打ち破っていこうと誓いました。


※本記事は書籍『怯まず前へ』(ポプラ社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年11月17日)当時のものです。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント