IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラ・リーガ2019-20
アザール不在の穴を埋める天才肌イスコ
キャリアを左右するクラシコの大一番へ

アプリ限定

アザールの戦線離脱でその存在がクローズアップされているイスコ。CLラウンド16ファーストレグのマンチェスター・C戦では先制ゴールを決めるなど、好調を維持している
アザールの戦線離脱でその存在がクローズアップされているイスコ。CLラウンド16ファーストレグのマンチェスター・C戦では先制ゴールを決めるなど、好調を維持している【Getty Images】

 3カ月以上にわたって公式戦無敗を続けていたレアル・マドリーが、ここにきて突然の足踏みだ。ラ・リーガでは25節のレバンテ戦に敗れて首位の座から陥落すると、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16ファーストレグでもマンチェスター・シティにホームで逆転負け。カリム・ベンゼマの得点力に陰りが見られ、さらにエデン・アザールを再びケガで失うなど、シーズン終盤戦に向けて不安材料が少なくない。そんなチームにあって、攻撃のけん引車としてその存在がクローズアップされているのが、イスコだ。山あり谷ありのサッカー人生を送ってきた天才肌にとって、現地時間3月1日に迫ったクラシコは、キャリアを左右する大一番になりそうだ。

復帰した矢先にアザールが再び負傷離脱

 レアル・マドリーがケガ人に泣かされている。


 ルイス・スアレスやウスマンヌ・デンベレを筆頭に故障者が続出し、1月に就任したキケ・セティエン監督がメンバー編成にも苦労しているバルセロナほどの深刻さはないが、マドリーの問題は攻撃的なポジション、しかも中心選手にケガ人が重なっている点だ。


 まず開幕前にマルコ・アセンシオが左膝の前十字靭帯(じんたい)断裂の重傷を負い、現在も戦線を離脱中。彼が健康体であれば、レギュラーを固定できずにいる右サイドの一番手となっていたはずだ。


 そして、アザールだ。3カ月近くのリハビリを経て、ラ・リーガ24節のセルタ戦でようやく戦列復帰した矢先に、翌節のレバンテ戦で再び負傷。右足腓骨の亀裂骨折で今シーズン中の復帰が絶望的になってしまった。


 アザールは今シーズンのプロジェクトの目玉だった。クラブはそれだけの投資を行い、年齢的にもキャリアのピーク(現在29歳)を迎えているアタッカーに、前線のけん引車として大きな期待をかけていた。しかし、チェルシー時代はケガに強かった選手が、ここまですでに3度の戦線離脱。左足太腿を痛めて開幕に間に合わず、およそ1カ月遅れでマドリー・デビューを飾るも、昨年11月、CLのパリ・サンジェルマン戦で同胞トマ・ムニエのタックルによって負った右足のケガが、まさしく致命傷となった。


 この時、アザールは試運転期間を経て、ようやく上昇気流に乗りかけていたところだった。左サイドからのビルドアップを基本戦術にするマドリーにおいて、アザールは文字通り攻撃の核として機能し始めていた。ベンゼマやトニ・クロース、マルセロら周囲の選手とのコンビネーションも試合を重ねるごとに良化。クリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)が2018年の夏に退団して以降、チームの課題だった得点力不足の解消にもつながると、期待が膨らんでいた。

下村正幸

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント