未来のクラシック好走馬が続出
東スポ杯で見極める皐月賞orダービー向き

過去10年でダービー馬3頭、皐月賞馬1頭

 今週末に行なわれる東京スポーツ杯2歳Sは、過去10年でダービー馬3頭、皐月賞馬1頭を送り出すなど、クラシックの登竜門として名高いG3戦。そこで今回は、過去10年の皐月賞、日本ダービーで1〜3着に入った馬が、このレースでどんな走りを見せていたかを調べてみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.とTARGET frontier JVを利用した。

表1
表1【画像提供:JRA-VANデータラボ】

 表1は、過去10年の東京スポーツ杯2歳S(以下、東スポ杯)に出走した馬のなかで、翌年の皐月賞および日本ダービーで1〜3着に入った馬を一覧にしたもの。該当馬は過去10年で10頭おり、単純計算で毎年1頭は必ず、このレース出走馬が牡馬クラシックで好走していることになる。実際、特定の年に偏ることなくコンスタントに翌春の活躍馬を送り出しているのは表1の通り。この傾向からいえば、今年の東スポ杯出走馬のなかに来年の皐月賞やダービーで上位に入る馬がいたとしても、まったく不思議なことではない。


 東スポ杯における着順と人気がどうだったかと見ていくと、着順に関しては1着が7頭で、2着、4着、6着が各1頭という内訳。人気は5頭が1番人気で、2番人気と4番人気が各2頭、8番人気が1頭となっている。そして、2着以内もしくは2番人気以内のどちらも満たせなかったのは13年に8番人気6着だったワンアンドオンリーだけということを考えると、少なくともどちらかは満たしておきたい。


 では、皐月賞とダービーのどちらで好走が多いかを比較すると、皐月賞が延べ5頭、ダービーが延べ8頭とダービーのほうが多い。また、同一馬の着順を比較しても、皐月賞のほうが上だったのは4頭(サダムパテック、コディーノ、イスラボニータ、ヴェロックス)なのに対し、ダービーのほうが上だったのは6頭(ローズキングダム、ディープブリランテ、ワンアンドオンリー、サトノクラウン、スワーヴリチャード、ワグネリアン)と、こちらもダービーのほうが多い。東スポ杯、日本ダービーともに東京競馬場で行なわれるので当然かもしれないが、皐月賞よりダービーとのつながりが強いのが東スポ杯というレースのようだ。付け加えると、ダービーで好走した8頭中5頭が、皐月賞4着以下から巻き返した点も馬券的なポイントとなるだろう。


 次に、表1で掲載した10頭を「皐月賞のほうが高い着順を収めた馬」と「ダービーのほうが高い着順を収めた馬」に分けて、それぞれ東スポ杯でどんなレースをしていたのか、傾向がよく表れているデータを見ていきたい。なお、東スポ杯で2着以下だった場合の「勝ちタイム」は、1着馬のものをカッコ付きで掲載しており、欄外に1着馬とのタイム差を記している。

JRA-VANデータラボ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント