仙台に帰った由規が振り返るこの1年
“まさか”だった最終戦の移籍後初登板

「しっくりきていなかった」と反省の移籍1年目

11年目の今シーズン、故郷・仙台に帰ってきた由規。新天地での1年を振り返った
11年目の今シーズン、故郷・仙台に帰ってきた由規。新天地での1年を振り返った【写真:パ・リーグインサイト】

 9月26日の楽天生命パーク宮城最終戦。7対1で東北楽天がリードの9回表にコールされたのは、481日ぶりの一軍マウンドとなる由規だった。最速150キロ、2奪三振、三者凡退で試合を締め、“由規復活”を全方位に強く印象づけた。11年間在籍した東京ヤクルトを退団し、今季から育成契約で地元・楽天へ。シーズン途中で支配下を勝ち取り、来季への期待を持たせるには十分すぎる投球内容でシーズンを締めくくった。


 だから、“今季を振り返ってください”という問いに対して、本人の口からまず反省の弁を聞くことになるとは思ってもいなかった。


「支配下を目指してやっていくなかで、『とにかく結果を残さないと』という思いでやっていたのは間違いないですが、自分の中では調子の波を感じていたり、しっくりきていない部分がありました」


 ヤクルト時代の2016年にも経験した支配下復帰。由規にとって、もちろんそれは一軍という土俵に上がるための権利を手にしたにすぎない。3度目となる支配下の公示は「どう一軍で結果を残すか」を由規に痛感させた。


「育成の時は、とにかく内容よりもゼロで抑えないといけないという気持ち。支配下になってからもその気持ちは変わっていないと思ったんですけど、投球内容をより求められるようになると意識はしていたんです。だから、支配下になって調子が落ちてきたとき、やっぱり周りの見る目も変わってきたと思いました。自分でもプレッシャーをかけてやっていたつもりなんですけど、あまり結果がついてこなくて。ちょっと慌てているというか……なんだかモヤモヤしていました」

防御率1点台も「結果がついてこなかった」二軍の日々

 今季、由規のファームでの登板内容を見てみると、5月17日の復帰初登板となる埼玉西武戦では、岸孝之の後を受けて、最速151キロの直球とスライダーで2回を無失点に抑え、完封リレーを果たす。6月2日の千葉ロッテ戦では、由規、熊原健人、久保裕也のリレーでノーヒットノーランを達成。7月26日、北海道日本ハム戦で8回に登板し三者凡退。横尾俊建を三振に切って取る。一軍昇格前最後となった9月7日のヤクルト戦では6回に登板。古巣相手に三者凡退に抑えた。主にリリーフで13試合に登板し、3勝0敗2セーブ、防御率1.78。由規は「結果がついてこなかった」と話すが、この数字でもいいイメージはなかったのだろうか?


【動画】由規、一軍昇格前最後の登板で古巣を三者凡退に封じる 映像提供:パーソルパ・リーグTV


「結果的に見たら防御率などはいいのかもしれないですけど、内容は満足できなくて。ファームでもショートイニングや、1イニングのみという登板が多かったのですが、求められているのは3イニング、4イニングをしっかり抑えること。ですがその立ち上がりや、あらかじめイニング数を言われているなかでの1イニング目が攻めきれていなかった。そこがあまり自分では納得いっていなかったんです」


 ようやく自身の納得がいく投球ができたのは、9月7日のファーム公式戦後、ブルペンで調整を行っていたときだったという。


「そのブルペンの調整で自分のなかでしっくりくる投球ができるようになったので、結果的にいい調整だったと言っていいかわかりませんが、自分の感覚もよくなってきたなというときに(一軍に)呼ばれて。登板間隔が2週間ほど空いていたので、まさか最終戦に合流するとは思ってもいなかったですね。正直びっくりしました」


 その由規の最終戦の登板を誰よりも待ちわびてきた人たちがいる。仙台の家族だ。

「パ・リーグ インサイト」編集部

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント