八村塁の代理人はドジャース広報から転身
望むのは、次の世代へバトンをつなぐこと

アプリ限定

八村を初めて見たときの直感「NBAに行く」

杉浦氏は当時ゴンザガ大1年だった八村に対して、「NBAに行く」と感じていたという
杉浦氏は当時ゴンザガ大1年だった八村に対して、「NBAに行く」と感じていたという【Getty Images】

「NBAに行くな、と思いました。サイズ、スピード、動き――。なにしろ、ポテンシャルがすごかった」


 まだ、ほとんど出場機会はなかったが、 八村塁(ゴンザガ大1年=当時)を初めて見たときの印象を杉浦大輔はそう述懐する。


「サイズだったり、力だったりという部分は、神に与えられたもの。彼はそれをうまく利用する術を知っていると思いました」

 杉浦はその頃、MLBのロサンゼルス・ドジャースの広報として働いていた。昨年秋に退職し、八村の代理人事務所でもあるワッサーマンに転職すると、縁があって八村のビジネスマネージャーを務めることになった。同事務所には、ドジャースの広報時代から親交のあるダルビッシュ有(シカゴ・カブス)や前田健太(ドジャース)らも所属しているため、今でも野球関連の仕事が少なくないそうだが、杉浦にしてみればバスケットボールの方がなじみ深い。


「実は、野球をやったことがなくて(笑)。5歳から高校を卒業するまで、ずっとバスケをしてました」


 よって、NBAに行ける選手と行けない選手の違いを間近で見てきた。その目に八村は「行ける」と映り、それは正しかった。

多岐にわたるビジネスマネージャーの仕事

 では、ビジネスマネージャーとは、どんな仕事なのか。 

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント