IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「低めに投げろ」は本当に有効か?
ピッチングの定説をデータで検証

 トラックマンやスタットキャスト(Statcast)に代表されるトラッキングシステムの導入により、野球界には「革命」が起こっています。見えなかったものが見えるようになり、野球の「真実」が、徐々に解き明かされ始めています。


 連載「それってホント? 野球の定説を検証」では、「あのときの僕」が信じていた野球の定説をデータやスポーツ科学を使って検証。観る人・プレーする人・支える人すべてに、野球の真実・野球の新たな面白さをお届けします。


 第4回は「ピッチングにおける低めの有効性」について。

今回はピッチングにおける低めの有効性について迫りたい
今回はピッチングにおける低めの有効性について迫りたい【写真は共同】

 前回までは、Statcastで取得できる打球速度や打球角度のデータを使い、効果的なバッティングを探ってきた。今回はそれらのデータを使って「ピッチング」の定説に迫っていきたい。

 今回のテーマは「低め」だ。


「低めに集める」「ピッチングの基本は低め」をはじめとするように、指導現場において「低め」は最も使われる言葉のひとつかもしれない。しかし、その多くは指導者の主観や経験に基づく言葉がけである。


 低めへの投球は本当に有効なのであろうか? 今回は、2018年のメジャーリーグのデータを使い、投球されたコースの高低が打者に与える影響を考えていく。

低めと高めの飛距離を比較

 まずは打球の飛距離について。「高めは低めより飛ぶ」というイメージを持つ方も多いかもしれないが、果たして本当に飛距離は大きいのであろうか。2018年の全打球、約13万球のデータを、ホームベース到達時のボールの高さ1センチに分割し、平均打球飛距離を算出した。

【Baseball Geeks】

 これを見ると、高めになるほど飛距離が右肩上がりに大きくなっている。イメージ通り高めの方が飛距離は大きく、低めと高めのゾーンぎりぎりを比較すると、なんと約20メートルもの差が見られた。


 やはり定説通り低めは有効なのだろうか。続いて、さらに細かく打球の特性を見てみる。

低めを打つと打球速度は高まる?

 ボールの高さ1センチ毎に平均打球速度を見ると、飛距離とは違い、ゾーンの低めあたりにピークがきている


 意外にも思えるが、実は高めより低めの方が平均打球速度は速かったのだ。

【Baseball Geeks】

 これには打者のスイングの特性が関係している。投球コース別にスイング特性を調べた研究では、低めの打撃は高めの打撃よりも、有意にスイング速度が高くなることが明らかになっている(森下ほか、2016)。


 低めを打撃する際にはバットヘッドを加速する時間が長くなりやすいため、スイングの速度が高まりやすい。スイング速度が高まった結果、打球速度も増大したのであろう。


 では、なぜ高めのボールは飛距離が右肩上がりに大きくなっていたのか。その理由は打球角度にある。ボールの高さ1センチ毎の平均打球角度をみてみると、高めになるほど急激に打球角度が大きくなっていることが分かる。

【Baseball Geeks】

 先ほどの研究では、低めの打撃は高めの打撃よりスイング角度が有意に小さかった(=低めの打撃はダウンスイング気味になった)と報告している。


 つまり打球速度と角度の結果を整理すると、低めのボールは打球速度こそ高まりやすいものの、ダウンスイング気味の軌道になりやすいため、結果的に打球角度が小さいということになる。


 これが、高めのボールが低めのボールより飛ぶ理由である。


 飛距離が大きくなると、必然的に長打が増加し長打率やOPSも高まっていく。得点との相関は、打率よりもOPSの方が高いことが分かっているため、低めへの投球は「長打を抑えて得点を減らす」意味では効果的だと言えるだろう。

Baseball Geeks
Baseball Geeks

株式会社ネクストベースが運営する最先端の野球データ分析サイト。「ボールがノビるって何?」「フライボール革命って日本人には不可能?」など、野球の定説や常識をトラッキングデータとスポーツ科学の視点で分析・検証していきます。 "野球をもっと面白くしたい" "野球の真実を伝えたい"。これがベースボールギークスの思いです。 書籍『新時代の野球データ論 フライボール革命のメカニズム』(カンゼン)が7/16より絶賛発売中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント