IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目の指標「バレル」とは?
打球速度と角度の重要性

 トラックマンやスタットキャスト(Statcast)に代表されるトラッキングシステムの導入により、野球界には「革命」が起こっています。見えなかったものが見えるようになり、野球の「真実」が、徐々に解き明かされ始めています。


 連載「それってホント? 野球の定説を検証」では、「あのときの僕」が信じていた野球の定説をデータやスポーツ科学を使って検証。観る人・プレーする人・支える人すべてに、野球の真実・野球の新たな面白さをお届けします。


 第2回は「打球速度と角度」について。

速い打球のメリットとは?

打球速度が速いと、バッターにとってどんなメリットがあるのか
打球速度が速いと、バッターにとってどんなメリットがあるのか【写真は共同】

 これまで打者を評価する上で使われていた指標は、打率・本塁打といったものが主であった。それらは「結果」をベースにした指標であり、運や機会に左右されるため、ある程度積み重ねないと評価するのが難しい指標であった。


 そこで、今最も注目されている指標が打球速度だ。中継でも度々取り上げられており、目にしたことのある読者も多いかもしれない。これはStatcastで取得できるデータの一つであり、打者が放った打球の初速を示している。

 読者のみなさんも、打球速度は速い方がいいのだろうと、何となく感じているかもしれない。速い打球には具体的にどのようなメリットがあるのだろうか。今回はこの打球速度の奥深さに注目したい。

セイバーメトリクスからみる打球速度

 まず紹介したいのは、打球速度毎の結果割合について。


 データをみると、打球速度が高くなるにつれて長打が増加している。特に本塁打は、150km/hを超えたあたりから急激に増加。二塁打や三塁打をみても、この地点を境に発生割合が増えている。打球速度150km/hは長打を放つためのひとつの目安となるかもしれない。

【Baseball Geeks】

 さらに、他にも興味深いデータがみえてくる。単打の割合が急上昇する地点も150km/h付近ということだ。


 くしくも長打の割合が急増する地点と一致しており、打球速度が速くなると「単打も長打も」増える。長打狙い・単打狙いという言葉にあるように、単打は「うまく打つ」ようなイメージを持たれがちだが、速い打球になるとゴロやライナーでも内野の間を抜けていくことが頻発し、結果的に単打も増加するのだろう。


 また、110km/h付近に一度単打割合が上昇している地点がある。これはいわゆる「ポテンヒット」系の打球が発生する地点であり、長打はほとんど発生しない。第1回で紹介したように、打率よりもOPSの方が得点への貢献が高く、このような打球では得点への貢献は大きくない。打球速度を高めて長打を増やすことが、打撃で最も重要だと言えるだろう。

Baseball Geeks
Baseball Geeks

株式会社ネクストベースが運営する最先端の野球データ分析サイト。「ボールがノビるって何?」「フライボール革命って日本人には不可能?」など、野球の定説や常識をトラッキングデータとスポーツ科学の視点で分析・検証していきます。 "野球をもっと面白くしたい" "野球の真実を伝えたい"。これがベースボールギークスの思いです。 書籍『新時代の野球データ論 フライボール革命のメカニズム』(カンゼン)が7/16より絶賛発売中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント