イチローが伝えたかったこと
野球少年、そして挑戦するすべての人へ

アプリ限定

連載:最終回

イチローが最後まで貫いたのは「野球を愛すること」
イチローが最後まで貫いたのは「野球を愛すること」【Getty Images】

 前回に引き続き、イチローの言葉を紹介したい。メジャーリーグで駆け抜けた19年、何を伝えたかったのか。示唆に富むコメントの数々には、イチローのメッセージが込められている。

野球が楽しかったのは1994年まで

キーワード:1994年の210安打


 1994年に放った年間210安打に関連する話も少なくない。


 2004年10月1日(現地時間、日本時間2日)、シーズン最多安打を更新した夜、故・仰木彬監督も会見に出席する中で、こう言っている。


「(1994年に)日本で残した数字210安打のことをよく思い出すんですけど、1994年は怖さも全く知らずに、自分の力よりも大きなものが働いたシーズンだったんですね。今回(2004年)はいろんな怖さを知ってそれを乗り越えて、自分の技術を確立して残した数字ですから、僕にとっては重みが全く違うものです」


 後に、こんな話も。2009年の最終戦を終えて――。


「僕の中で94年の数字と感覚ですね、これがいろんなものを見るときに物差しになることが多いんですけど、今年もそれに近い感覚になる――というシーズンだったと思います。ただ94年と大きく違うことは、野球っていうものが楽しいだけの競技だけだった94年と、いろんな思い、怖さであったり、自分だけじゃない期待だったり、外的要素を含めて、いろんなことを知った15年後の僕が残した今年の数字。それは全く違うものではあるんですけど。まあ大きな物差しにはなるでしょうね」


 また、2008年7月に日米通算3000安打を打った夜、94年の影響をこう語った。

丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米し、インディアナ州立大学スポーツマーケティング学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行っているほか、NHK BS−1で放送されている「ワールドスポーツMLB」にも出演している。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント