バスケ日本、7連勝でW杯出場へ大きな一歩
ラマスHC「攻撃がパーフェクトだった」
「全員が完璧な仕事をしてくれた」とラマスHCは笑顔で語った
「全員が完璧な仕事をしてくれた」とラマスHCは笑顔で語った【小永吉陽子】

 バスケットボール男子日本代表は21日、アザディ体育館でFIBAワールドカップ(W杯)アジア地区2次予選のイラン戦に臨み、97−89で勝利。W杯予選で7連勝を果たして、日本が属するグループFで2位に浮上。W杯本戦出場に向けて大きく前進した。


 この試合は試合開始から激しい点の取り合いとなった。第1クォーター(Q)、日本は比江島慎の12得点を筆頭に高確率でシュートを決めていくが、イランも譲らない。35−28とリードを奪って迎えた第2Q、イランはモハマド・ジャムシディがシュートを次々と決めて追撃する。それでも日本はニック・ファジーカスが前半だけで14得点をたたき出す活躍を見せ、55−45と10点のリードを奪って、前半を折り返した。


 前半からイランのオフェンスリバウンドに苦しむ日本だったが、第3Qに入ってもなかなか打開策が見いだせない。それでも中盤から終盤にかけて、イランの淡白なシュートにも助けられ、シュートのこぼれ球を拾って速攻を仕掛ける。残り2分22秒にはリードを14点と広げた。


 第4Q、イランは2−3のゾーンディフェンスで試合の流れを変えようとするが、日本は素早いパス回しで対抗。ジワジワと点差を広げていく。諦めないイランはプレッシャーの強いマンツーマンディフェンスで最後の勝負に出るが、日本は差を詰められつつも逆転までは許さず試合を終えた。

97点はすごい数字だと思う

――イランに勝った率直な感想は?


 もちろん喜んでいる。強豪に勝てることはそうそうないと思うし、40分間とても良い内容のオフェンスができた。ただ他の試合の結果も待たないといけない状況なので、完全にまだ喜べるということではない。そこはしっかり冷静さを保って、次のカタール戦にフォーカスして準備しようと思っている。


――大事な一戦で良い試合ができたことをどう感じているか?


 相手のホームという難しい試合で勝てたことは、もちろんすごいことだと自分でも感じているし、チームがこれだけ完璧な試合運びをできたのは評価したいと思う。


――これだけのハイスコアになった要因は?


 エクセレントなゲーム内容をやり遂げてくれた。試合を通じて60%を超えるフィールドゴール成功率、ニック、マコ(比江島)、(竹内)譲次はとても輝いていた。ベンチメンバーも含めて、この40分間すべてチームのために貢献してくれたと思う。このチームをとても誇りに感じるし、このような内容の試合ができたことをうれしく思う。


 ただリバウンドでは課題が残ったので、次のカタール戦までに間に合わせたい。どの試合でも毎回あれだけの点数を取れる、3ポイントシュートが入ることはないので、できるだけそこはしっかり冷静に考え、リバウンドの部分は改善したい。


――これだけオフェンスリバウンドを取られても勝てた一番の要因は?


 先程も言った通り、オフェンス面での貢献、内容がパーフェクトだったと思う。97点取るというのは普通では考えられない。すごい数字だと思っている。


――試合前に総力戦になると話していた。


 全員が完璧な試合をやってくれた。試合が始まって4分で譲次がファウル2個目を犯したが、その代わりに入ったアツ(太田敦也)がコートでエクセレントな仕事をしてくれたし、辻(直人)もポイントポイントで入れて、数分間、仕事をこなしてくれた。


――第4Qはイランペースになった。予選前半の日本なら押し切られていたかもしれない。


 もちろんイランにも第4Qでどうにかして点差を縮めよう、逆転しようという気持ちがある。確かに以前はこういった状況であれば逆転されることがあったが、今回は選手たちも良い流れできていたので自信も持っていたし、冷静に判断できる、自信を持ってプレーできるようになった。こういった部分がチームとして一番の成長ではないかと思う。


(取材協力:バスケットボールキング)

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント