sportsnavi

比江島「今日は点を取ることに集中した」
W杯アジア2次予選イラン戦後コメント
試合後、比江島は「点を取るのは自分しかいないと思っていた」と語った
試合後、比江島は「点を取るのは自分しかいないと思っていた」と語った【小永吉陽子】

 バスケットボール男子日本代表は2月21日、FIBAワールドカップ(W杯)のアジア2次予選でイラン戦に臨み、97−89で勝利。中東でのアウェー戦に勝利して、W杯出場に大きく前進した。


 第1クォーター(Q)は激しい点の取り合いとなる。日本はニック・ファジーカス、比江島慎がシュートを次々と決めてリズムをつかんだかに見えた。対するイランはゴール下でオフェンスリバウンドを獲得して、2次、3次攻撃を仕掛けてきた。このQは35−28とハイスコアな展開となり、日本は7点のリードを奪った。


 第2Qに入ると、イランはモハマド・ジャムシディがシュートを次々と決めて追撃を開始する。それでも日本はファジーカスが前半だけで14得点をたたき出す活躍もあり、55−45と10点のリードを奪って、前半を折り返した。


 第3Qも激しい点の取り合いは続くが、次第に日本がリードを広げていく展開に。第3Qの残り1分33秒には14点ものリードを奪った。第4Qに入ると、日本の速い攻めにイランの守りがついていけなくなる。その機を逃さず竹内譲次が速攻を立て続けに決めてリードをさらに広げた。終盤、後のないイランはディフェンスのプレッシャーを強めて反撃を試みる。ここでも比江島が落ち着いてシュートを決めて、日本は最後まで逆転を許さなかった。

比江島慎(栃木ブレックス)

「自分しかいないと思っていた」


(24得点、フィールドゴール成功率7割近くの活躍に)今日は攻撃に、点を取ることだけに集中しました。ディフェンスもルールを守ってやらなければいけなかったのですが、オフェンスに集中していました。


(八村)塁と(渡邉)雄太がいない分、ニックへのマークが厳しくなると分かっていたので、自分しかいないと思っていました。チーム全体がオフェンスに集中する環境を作ってくれて、それに応えただけだったと言えます。


 試合の終盤、自分の時間が来た時にしっかりと気持ちの準備もしていたので、思い切って打てたと思います。一度イランのペースになりましたが、流れを相手に持っていかせないという冷静な気持ちでプレーしました。


(W杯出場に近づいたが)ただもう1試合残っています。自力で決められればいいのですが、残り1試合W杯に向かって頑張ります。

ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)

「世界のステージに立つことが楽しみ」とファジーカス
「世界のステージに立つことが楽しみ」とファジーカス【小永吉陽子】

「世界のステージに立つことが一番の楽しみ」


 素晴らしい勝ちです。オーストラリア戦の時と同様に大きな勝利だと思います。まだ(W杯出場は)決まってはいませんが、それに大きく近づいたのは確かです。


 今日はシュートが良かったです。第4Qはマークがキツくて何本か外しましたが、全体的には良かったと思っています。ただしリバウンドはちょっと……。すごくタフな相手で、イランも全力で取りにきます。そういう試合になるとは思っていました。


(ハイスコアな試合について)97点というのはすごいこと。今日は太田と組む機会が多かったですが、練習から準備をしていたので不安はありませんでした。


(W杯の先には東京五輪もある)自分も代表として入ったのは、そういう喜びを得たかったからです。世界のステージに立つことが自分にとって一番の楽しみ。この経験を楽しんでいきたいと思います。チームも正しい方向に進んでいると確信しています。

竹内譲次(アルバルク東京)

「Bリーグで培った自信は大きい」と語った竹内譲次
「Bリーグで培った自信は大きい」と語った竹内譲次【小永吉陽子】

「Bリーグでつちかった自信は大きい」


(プレーの)つながりの中でシュートが打てました。自分の中ではとても打ちやすいシュートだったと言えます。ずっと「塁と雄太がいないと厳しいと言われていたので、ここで勝てたことは素直にうれしいです。男子代表の強さを僕らで証明できました。


 もっと大きな会場で(試合が)行われると思っていたので、イランの声援が大きかったですが、そこまでプレッシャーに感じることはありませんでした。


(田中)大貴や馬場(雄大)が一生懸命にディフェンスをやってくれていた。反面、自分は前半にファウルをしてしまいベンチに下がっていたので、後半はしっかり体を動かそうと思って、ファストブレークも走りました。


 前半のファウルは、あれは吹かれても仕方がないかなと自分でも思いました。後半集中できてよかったです。ただ、一番求められていたディフェンスリバウンドが取られてしまっていたので、そういう意味ではこのチームはもっと良くなると思います。


 この試合は本当にオフェンスで勝った試合だと思います。次は失点を抑えていくことが大事。Bリーグの外国籍選手もかなり素晴らしい選手が多いので、そこでつちかってきた自信は大きいです。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント