「明らかに不安」有力2頭は明暗クッキリ
波乱もあるか、日経新春杯の記者座談会

競馬専門紙「優馬」トラックマン座談会

前走菊花賞では5着に入った関東馬グローリーヴェイズ(撮影:日刊ゲンダイ)
前走菊花賞では5着に入った関東馬グローリーヴェイズ(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

 日曜の京都では、伝統のハンデ重賞、日経新春杯。春の天皇賞を睨む古馬たちが覇を競う一戦だが、昨年から世代間バトルで優位性を示している明け4歳勢が人気となっている。優馬TM(トラックマン)陣の狙い目は…。

ここも注目は4歳勢 本紙須藤はグローリーヴェイズを◎に指名

デスク「近年の傾向は“4歳馬強し”というレースだが、その4歳馬が馬券に絡まなかった昨年は、そもそも4歳馬が一頭も出走してこなかったもの。今年は素直にイキのいい4歳勢を買えばいいんだよな」


須藤「先週の京都金杯も期待通り勝ってくれたように、そもそも今年の4歳世代のレベルの高さは折り紙付きですからね。その流れを大事にして今週も4歳馬、グローリーヴェイズメイショウテッコンで、軸は迷いましたが、メイショウは休養期間がほぼ同じだった神戸新聞杯の時と比べて急仕上げの感があるので、グローリーヴェイズの方を◎としました。菊花賞は、大外枠を引いてのコースロスや展開も不向きな中での立派な5着ですし、休み明けでの京都遠征も慣れたものだけに、力通り走れると見ます」


広田「厳しい条件の中だった菊花賞の内容は本当に優秀でしたよね。強い4歳世代の戦いでも実力を証明しただけでなく、まだ伸びしろも十分ある馬ですから、55キロの斤量でこのメンバーなら勝負になるはずです」


デスク「ただ、目標としていたGIを好走後に凡走するケースも珍しくはないし、一息入れて体調が整っているかどうかの心配はあるな」


坂倉「陣営によると“少し立派に見えるくらい馬体が増えた”とのことですが、体調面に全く問題はない様子ですね。実績のある京都コース、乗り慣れた鞍上、そして手頃なハンデで、尾関師は“何の不安もない”と話してましたよ」


中邑「僕も勢いのある4歳勢が中心という見方に異論はないですが、◎は須藤君も迷ったメイショウテッコンにしました。菊花賞は掛かり気味で距離も長く惨敗しましたが、2走前の神戸新聞杯では接戦を演じた相手がダービー馬と菊花賞2着馬でしたからね。ペース判断の巧い武豊騎手とも手が合うはずです」


桜井「菊花賞で掛かったのは出負けしたせいもあったかと思いますが、いずれにしろ自分のリズムで運ぶことができなかった不完全燃焼で、あれが力負けではないことも確かでしょう。ハイレベルな4歳世代の一翼を担う存在だけに、ここは巻き返しに期待したいですね」


細川「前走のように自分の形にならないとモロいのは、陣営も認めてましたが、逆に自分のペースで運べた時は本当に渋太い馬ですからね」


デスク「菊花賞以来となるのはグローリーと同じだけど、さっき須藤も危惧していたように調教本数も不足気味だし、個人的には厳しいんじゃないかと思ってるんだが、無印にしてきた田崎もそう思うんだろ?」


田崎メイショウテッコンは明らかに不安な調整過程ですね。気性的に難しいタイプでもあり、先行馬が揃ったここでスンナリ行けるかどうかも怪しいかと…」


加茂「勢いがあるのは何も4歳馬だけではないやろ。条件戦を3連勝してアルゼンチン共和国杯でもメンバー最速の上がりでの2着やったムイトオブリガードは、素質馬が完全に本格化して充実期を迎えた感じ。ここが重賞初制覇のチャンスやで」


市場「重賞で1番人気はどうかとも思えた前走ですが、内容は勝ちに等しかったですよね。詰めて使えないネックはありますが、成長ぶりは目を見張るものがありますよ。ハンデの1キロ増や久々の右回りにも何ら問題はないはずで、この先の目標へ向けてもキッチリ結果を残したい一戦だと思います」


目黒「前走については“よく伸びてくれたけど、さすがにペースが遅すぎたからね。この馬は脚元が丈夫じゃないから、1戦1戦レース後に確認しながら慎重に調整しているんだ。その分、ゆったりしたローテになるけど、確実に力をつけてきているね”と角田師は振り返ってましたが、リフレッシュ放牧を挟んでの調整となった今回は“体は10キロくらい増えているかな。それでも全く太目感はないし、がっちりとした体つきに変わってきているね。真夏の暑い時季より寒い時季の方が体調はいいみたいだし、京都であんまり走らせた経験がないから、今の馬場を含めてやってみないと分からない部分はあるけど、まずは一つタイトルを獲って今後につなげていきたい”と。元々、”晩成タイプ”というのが厩舎の評価でしたし、春の古馬GI戦線に名乗りを上げるだけの力は十分あるはずです」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント