IDでもっと便利に新規取得

ログイン

気配はS級評価!レイデオロの順位は…
穴馬もランクインの有馬・調教BEST5

有馬記念 調教BEST5

 競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。有馬記念出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。平成最後のグランプリ、万全の態勢で挑むのはどの馬? 各馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

第5位 ミッキーロケット

モタれる面も見せず併走馬を一蹴したミッキーロケット(右)(撮影:日刊ゲンダイ)
モタれる面も見せず併走馬を一蹴したミッキーロケット(右)(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

11)ミッキーロケット

牡5 (栗)音無秀孝

[好気配]マーフィー19日栗坂稍(1回)

50.8 - 37.4 - 24.7 - 12.5 G追先着

気配…A 動き…A 総合評価…90点

併走馬を一蹴し、力強いフットワーク。仕上がりに不安なし。


予定していたジャパンカップを回避しての一戦になるが、最終追い切りの坂路で4F50秒8の好時計をマーク。併走した僚馬をあっという間に突き放し、天皇賞(秋)の追い切り時よりも力強さが出てきた。アクシデントの影響は感じさせず、むしろ上昇ムードで本番に臨めそう。


マーフィー騎手「ビデオを見て一生懸命に走る馬だと感じたが、そのイメージのままだった。聞いていたモタれる面もなかった」


パドックここをCHECK→外目をグイグイと活気良く周回していた宝塚記念制覇時が理想。馬体のハリ・ツヤも含め、前走時よりもそこに近付けているかがポイント。

第4位 ミッキースワロー

本番でも騎乗する横山典Jを背に追い切られたミッキースワロー(撮影:日刊ゲンダイ)
本番でも騎乗する横山典Jを背に追い切られたミッキースワロー(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

10)ミッキースワロー

牡4 (美)菊沢隆徳

[好気配]横山典19日南W良

(6)84.0 - 68.3 - 53.4 - 39.7 - 13.2 (7)直追先着

気配…A 動き…A 総合評価…92点

意欲的な内容で追われてからの伸び◎。一叩きされて上向き。


いつも通りウッドコースでの最終追い切りだが、先行する僚馬を2秒近く追走する形。これを外から並びかけると、鞍上の仕掛けに機敏な反応を見せ、一瞬で置き去りにしてみせた。前走のジャパンカップ時よりも全体的に素軽さが出て、上積みはかなりと見て良いだろう。


菊沢師「“追走してラスト1Fで並び外から抜いてくれ”の指示通り先着。反応が良かったし前走より着実に良化中」


パドックここをCHECK→いつもゴツゴツした歩き方をする馬だが、好走時は後肢の捌きがいくらかスムーズ。馬体重は前走くらいで問題ないが、もう少し馬体に締りが欲しいところ。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント