IDでもっと便利に新規取得

ログイン

良血馬の勝ち上がりが目立った阪神JF週
名牝ブエナビスタの愛娘への★評価は…

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

 2歳女王決定戦・阪神JFが行われた先週末だが、香港に有力ジョッキーが分散することもあり、2歳戦全体としてはやや低調だったか。そんな中で躍動したのがサンデーレーシングの勝負服。母がGI馬という良血馬たちが続々と勝ち上がり!

デムーロ弟が巧みに導いてV ティグラーシャ

デビュー戦を逃げ切りで制したティグラーシャ(左)(撮影:日刊ゲンダイ)
デビュー戦を逃げ切りで制したティグラーシャ(左)(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

12/9(日) 阪神5R 2歳新馬 芝1800m外

ティグラーシャ 牝 馬体重:430kg

★★★★★ 5点

騎手:C.デムーロ 厩舎:(栗) 池添学

生産:ノーザンファーム

馬主:サンデーレーシング

父:ディープインパクト

母:シーズアタイガー(Tale of the Cat)


 やや出負けしたスタートで、序盤は中団やや後ろから。鞍上がなだめつつ運んでいたが、前半600メートルを通過した辺りで思い切って先頭へ。ペースを握ると早目のペースアップを計り、直線は2着馬の追撃を振り切って完勝した。スタートや道中の折り合いなどに課題を残してはいるが、能力を感じさせる勝ちっぷりだった。


馬体診断

 腹回りなどを見ると、430キロという数字が示す通り「小柄な牝馬」という印象を受けるが、それでも馬体に前後の幅があって、バランス自体は良好。良いバネがあってパワーもあるので、今回のようなやや力の要る馬場も問題ないタイプだろう。実戦では力みがあったものの、パドックでは普通。レースを経験していけば解消してくるだろう。


血統診断

 母は米で走り、2歳時に1400mのオールウェザーGIを勝利。BCジュヴェナイルフィリーズは1位入線も2位降着だった。母父Tale of the Catはダート中距離で走ったが、産駒にはジオポンティ(アーリントンミリオン)や、日本での産駒としてエーシントップ(シンザン記念)がいて、芝適性も高い。芝中距離タイプ。


馬券の狙い目→現状では芝中距離、コーナー4つの条件の方が合っていそう。伸びシロは大きく、成長次第では長く楽しめそう。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント