sportsnavi

長友佑都手記『ありのままの自分』
試合に復帰しての心境とトルコの環境面

びっくりするほどのスピードで復帰できた

ここからはコンディションを上げて、アピールしていくだけだと思っています
ここからはコンディションを上げて、アピールしていくだけだと思っています【写真提供:長友佑都】

 こんにちは。ガラタサライの長友佑都です。


 先日、チャンピオンズリーグのロコモティヴ・モスクワ戦(11月28日)で復帰することができました。復帰できたこと、フル出場できたことは大きいですが、チームが勝てなかったことが何より悔しいです。


 自分はコンディションを上げて、アピールしていくだけだと思っています。課題は、いろいろあって一つに絞るのは難しいけれど、連係の部分で精度をもっと高めていかないといけないですね。最終的には個と個の勝負にはなるんだけれど、組織でも戦わないといけない。攻守ともに。どんどんチームで会話して、改善していくしかないと思っています。

復帰できたことは大きいですが、チームが勝てなかったことが何より悔しい
復帰できたことは大きいですが、チームが勝てなかったことが何より悔しい【Getty Images】

 肺気胸になったシャルケ戦(11月6日)の後、実はそのまま家に帰っていたら、生命の危険があったんです。直接病院に行くように助言してくれたチームドクターや、病院でもサポートしてくれたチームスタッフには本当に感謝しています。そして家族や、チームメート、すべての関係者の皆さんに改めて感謝したいです。リハビリ中は、専属として身近にいる加藤超也シェフ、鬼木祐輔トレーナーの力も特に大きかったと感じています。


 今回のけがというか、肺気胸でしたけれど、チームを離れた期間(復帰するまで)は3週間でした。最初は、復帰するのは年明けになるだろうと言われていましたが、本当に自分でもびっくりするほどのスピードで復帰できました。お医者さんもびっくりしていました。


 そんなに長い間離れていたわけではないし、監督、チームメートとも常に連絡は取っていました。なので、復帰するにあたって大きな心境の変化は特にはなかったです。ただ、「やるしかない」という気持ちですよね。とにかく全力を尽くして、またアピールしていくぞ、という強い気持ちでいます。


 あと、僕はプロになってここまで10年間走り続けてきたので、少し休んだことによって新鮮な気持ちで戻ることができました。今回の期間は、神様がゆっくり休んでというメッセージかなと思っています。

1日はトレーニングの時間がほとんど

食事もトレーニングだと思っているので、加藤シェフのサポートは欠かせません
食事もトレーニングだと思っているので、加藤シェフのサポートは欠かせません【写真提供:長友佑都】

 さて今回は、トルコで僕がどのような環境で生活をしているかをご紹介したいと思います。


 まず1日のルーティンとしては、午前7時頃に起床して、朝食を食べて、9時30分頃に家を出てクラブへ向かうという流れが最近は多いです。


 チームのトレーニング前にヨガや体幹、ストレッチ、筋トレなどをやります。チームのトレーニングが終われば、最近は心肺機能を戻すためにダッシュを入れたり、アジリティ系のトレーニングをしています。


 その後家に帰ってから加藤シェフが作ってくれた昼食を取り、その後は会社からのメールチェックやミーティングを行います。子どもとゆっくり遊んだり、カフェや散歩に出かけたりすることもあります。

自宅に帰ってからは、子どもと過ごす時間も大切にしています
自宅に帰ってからは、子どもと過ごす時間も大切にしています【写真提供:長友佑都】

 後は、自宅でトレーナーさんと一緒に足りないところ、課題克服のためのトレーニングや、映像を見ながら試合の分析なども行っています。そして、日本からのメールのチェックなどを行ったり。


 そうこうしていたら夜になっているので、夕食を食べて、子どもをお風呂に入れます。夜はケア(マッサージ、ストレッチ、ヨガ)をするなどしてゆっくり過ごしていますね。食事もトレーニングだと思って取り組んでいるし、今はとにかくサッカーがうまくなるため、選手としてもっともっと成長するためにトレーニングの時間がほとんどとなっています。時間が足りません(苦笑)。

スポナビDo

イベント・大会一覧