IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也からの手紙
長嶋茂雄様 天才の君へ
『野村克也からの手紙』
2月に行われた巨人とホークスのOB戦。野村氏(手前)は(左から)長嶋茂雄氏、張本勲氏、王貞治氏と記念撮影
2月に行われた巨人とホークスのOB戦。野村氏(手前)は(左から)長嶋茂雄氏、張本勲氏、王貞治氏と記念撮影【写真は共同】

“ミスター・プロ野球”の長嶋茂雄氏と、“生涯一捕手”野村克也氏。1936年2月生まれと35年6月生まれの同学年は、ともにプロ野球80年の歴史を作ってきた。「バッターとしてのタイプもリーグも違うので、ライバル意識はなかった」と話す野村氏だが、メディアに比較されることも多く、長嶋氏が常に気になる存在として近くにいたことは明らかだ。ただ、ゆっくり2人で話をする機会は意外にもなかったという。


 そこで、思いを改めて伝えてみようと、野村氏が筆を執った。性格の違いから「俺たちは話がかみ合いそうにない」とぼやきながら、書き進めた手紙。綴られた長嶋氏の姿は、天才であり努力家でありプロ中のプロだ。

今でもお前がひまわりで、俺は月見草

 振り返れば、お前との縁はもうずいぶん長いものになるが、ゆっくり2人で話をしたことはなかったな。


 思うに、俺たちは話がかみ合いそうにないのだ。昔、俺が名球会の総会を欠席したとき、幹事だったお前に電話でやんわり説教された。お前は機関銃の如くしゃべりまくり、俺がちょっとしゃべろうとすると、その何倍もの言葉を返してきた。せめて句点まで言わせてほしかったが、俺が読点に行きつくたびに、お前は話の腰を折ってきた。言っていることは間違っていないし、温かみもあった。それでも俺はほとほとまいったよ。


 お前は、東京六大学の大スターだった。鶴岡さんが大沢(啓二)さんを使って、お前と杉浦を南海に勧誘していることは知っていた。あるとき東京遠征の宿でわれわれが雑談をしていたら、大沢さんが帰ってきて、こう言った。


「俺の(立大の)後輩の杉浦、長嶋が南海に来ることになったから、よろしく頼むよ」


 俺は複雑な心境だった。「長嶋が来たら、俺は四番を下ろされるのかな」と思ったからだ。そんな話を新聞記者にしたら、「君はキャッチャー。疲れるポジションなんだから、五番でいいじゃないか」とあっさり言われてしまった。

 何はともあれ、俺はお前とチームメイトになることを想定し、身構えていた。ところが結局お前は巨人へ行き、『南海・長嶋茂雄』は夢と消えてしまった。もしお前が南海に入っていたら、2人で『NN砲』と呼ばれ、日本シリーズで巨人を倒していたのだろうか。いや、その前に巨人はV9を成し遂げていなかったかもしれない。その後、南海が身売りすることもなかっただろう。


 お前のバッティングは、天才的だった。俺がキャッチャーとして対戦し、最も強烈だったのは、バットスピードの速さだった。スイングの速さは、俺が見た中でNO・1だったと思う。なんせミットを構えていて、「見逃すのかな」と思うと、次の瞬間バットがブンッと出てくる。しかも、どんなボールでもバットの芯でとらえることができた。


 そのうえ、どんなフォームになってもホームランを打つことができた。顔はレフトスタンドを向いているのに、打球はライトスタンドに飛んでいくなど、お前にしかできない芸当だ。あれが『天才』と言われるゆえんだろう。


 確かオールスターのときだったと思うが、阪神の村山実に「長嶋攻略法を教えてくれ」と頼んだことがあった。すると、村山は「簡単ですよ」と言った。「長嶋は常に打ち気だから、その打ち気を利用するんです。コースは甘くてもいいから、外寄りにポトンと落ちる変化球を投げれば、内野ゴロになりますよ」。


 そこで真ん中から外角いっぱいの、ちょうど中間あたりのコースにシンカー、カットボールを投げさせた。それでショートゴロ、セカンドゴロに打ち取ったと記憶しているのだが、覚えているだろうか。


 なんせ、お前には俺の“ささやき戦術”が通用しなかった。


「久しぶりに見たけど、構え変えたの?」


 もちろんお前の構えはまったく変わっていなかったが、なんとか集中力をそごうと思って、そう水を向けてみた。俺自身、阪急の山下健さんに打席でこの言葉を言われ、「構えなんか変えてないのに、どこが変わっているんだろう……」と気になって仕方なかったのだ。ところがお前は、俺の言うことなんか聞いちゃいなかった。


「ノムさん、調子いいじゃない」とか「いいピッチャーだねえ」とか、トンチンカンなことばかり返してくる。要は、それだけバッティングに集中していた。スタンドの声援に応えてカーンッと打つことしか、頭の中になかったんだな。


 そのあたりも俺からすれば『天才』なのだが、お前はそう呼ばれるのを好まなかった。努力を怠っているように思われるのが嫌だったのか。しかし、巨人から南海にトレードで来た相羽(欣厚)が言っていたぞ。


「ONがあれだけ練習すると、われわれがやらないわけにいかない。だけど彼らはわれわれ以上に練習するから、どんどん遠い人になっていくんです」


 長嶋と王。スーパースターの2人が、試合前も休日も練習、練習。ひたすらボールを打っていた。お前たちに引っ張られるように、他の選手たちも練習をする。それがジャイアンツの良い伝統になった。そして天賦の才に恵まれた2人がそうやって並外れた努力をしたから、ますます俺たち凡人の届かないところに行ってしまったわけだ。

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント