sportsnavi

世界的な良血ラヴズオンリーユーに★7つ
長距離砲候補シュヴァルツリーゼも高評価

競馬専門紙「優馬」の2歳馬チェック

 オジュウチョウサンやJBC・3競走に沸いた先週末の競馬だが、2歳戦もまだまだ素質馬がスタンバイ。今回のピックアップは、セールでも1億超えした世界的良血馬のラヴズオンリーユーと、母系はドイツの名門というシュヴァルツリーゼ。

オークス戦線を賑わせる存在へ ラヴズオンリーユー

リアルスティールの全妹ラヴズオンリーユー(左)がデビューV(撮影:日刊ゲンダイ)
リアルスティールの全妹ラヴズオンリーユー(左)がデビューV(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

11/3(土) 京都7R 2歳新馬 芝1800m外

ラヴズオンリーユー 牝 馬体重:466kg

★★★★★★★ 7点

騎手:ルメール 厩舎:(栗) 矢作

生産:ノーザンファーム

馬主:DMMドリームクラブ

父:ディープインパクト

母:ラヴズオンリーミー(Storm Cat)


 8頭立ての少頭数でスローペースになり、馬群はひと塊の一団に。最内枠から中位に付け、直線はインのスペースを選択。ラスト2Fが11秒1−11秒0というスピード&瞬発力勝負になったが、あっさりと後続を突き放し、1馬身1/4差でゴール。能力の高さを証明し、オークス戦線を賑わせるような存在になってきそう。


馬体診断

 460キロ台の牝馬とは思えないボリューム感がある好馬体。以前よりもトモに厚さが出て成長も確かな様子。仕上げ切っている訳でもなく、もう一絞りできればパフォーマンスも上がりそうだ。距離適性はやはり中距離タイプ、少し集中力に課題はありそうだが、それが却って距離への対応を可能にしている面も。


血統診断

 母系の血統背景は世界的に見ても素晴らしく、曾祖母がBCマイル連覇など名牝中の名牝ミエスク(母としてもキングマンボなどを輩出)という血統を持つ。母の半姉は欧州2歳牝馬チャンピオン、本馬の全兄にリアルスティール(ドバイターフ)、プロディガルサン(東京スポーツ杯2歳S2着)など。優れた瞬発力を有し、仕上がりも早い。クラシック向きの血統だ。


馬券の狙い目→決め手を生かせる東京コースは大歓迎。距離もこなせそうなタイプでオークス(東京芝2400m)戦線に駒を進めてくれば期待も。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント