U20世界選手権で世界ユースのリベンジを 短距離・宮本大輔インタビュー

日本陸上競技連盟

「ダイヤモンドアスリート」第4期の選手である男子短距離の宮本大輔にインタビュー 【写真は共同】

 日本陸上競技連盟が実施する「ダイヤモンドアスリート」制度は、2020年東京五輪とその後の国際競技会での活躍が期待できる次世代の競技者の強化育成を目的としている。単に対象競技者の競技力向上だけを目指すのではなく、アスリートとして世界を舞台に活躍していくなかで、豊かな人間性とコミュニケーション能力を身につけ、「国際人」として日本および国際社会の発展に寄与する人材に育つことを期して、14−15年シーズンに創設された。

 すでに3期が終了し、これまで9人が修了。昨年11月からは継続・新規含め全11人が認定され、第4期がスタートした。今回は第4期となる「17−18認定アスリート」へのインタビューを行い、男子短距離の宮本大輔(洛南高卒、東洋大)に話を聞いた。

取材・構成:児玉育美(JAAFメディアチーム)

悔しかった全国小学生での敗戦

――陸上を始めたきっかけは?

 通っていた小学校の先生に、「陸上をやってみたら?」と言われたのがきっかけで、小学4年生の秋から始めました。かけっこは1番だったし、上級生に勝ったりもしていましたが、自分が速いという感覚はそんなになかったです。言われてみて「そうなのかな?」と思い、「じゃあ、やってみるか」みたいな。それまでは野球を頑張りたいと思っていたので、「とりあえず、やるだけやってみるか」という感覚で始めました。

――そこから陸上のクラブチームに入ったのですね?

 はい。「徳山RCコネット」という地元のスポーツ少年団の陸上クラブです。

――陸上に取り組むようになってどうでしたか?

 試合には小5から出始めました。小5で全国(全国小学生交流大会)に行って3位(5年100メートル)に入って、6年で7位(6年100メートル)です。

――6年生のときは順位が下がってしまったのですね。

 僕はそのころから小柄というか、細くて、ほかの選手の成長スピードがすごくて……。6年生のときは、「みんな、でかいなー」と感じていました。

――体格に個別差が出る時期ですね。

 県や地区では敵なしでしたが、小学5年のとき全国へ行って初めて負けました。負けず嫌いなので、むちゃくちゃ悔しくて、「これは日本一になるまではやめられない。中学からは陸上にしよう」と思いました。

自己記録12秒00から中学生初の10秒5台マークへ

――そして、山口・周陽中では陸上部に入部し、1年時のときにジュニアオリンピックCクラス100メートルで6位入賞しています。最初に日本一になったのは、2年時のジュニアオリンピック(Bクラス100メートル)でした。1位になったときの心境は?

 その年の全中(全日本中学校選手権)が5位だったので、勝ってホッとしたというのがありました。全中のほうはランキング2位で出たのに順位を落として悔しさもあった半面、中2でそこまで行けたという思いもあったのですが、逆にジュニアオリンピックでは1番にならないといけないという気持ちになっていました。

――3年生になる直前の3月には、中2最高記録となる10秒75(+1.8)をマーク。中学最後の年は、中学記録更新も意識してのシーズンだったのではないでしょうか?

 そうですね。そもそも、僕が1年生の段階で、顧問の藤田昌彦先生が中学3年間をどういう感じで行くかという話をしてくれて、「毎年0.5秒ずつ上げていけば、全国でも1番になれるし、中学記録も狙える」と言われていました。入学したときのベストがちょうど12秒00だったので、「0.5秒」というのは自分のなかでも行けなくはないなと。なので、急に意識したわけでなく、毎年そのくらいずつ記録を伸ばせば狙えるんだと思って3年間やりました。

――中学新記録樹立はシーズンに入ってすぐの達成でした。5月に10秒56(+1.5)をマークし、従来の記録(10秒64、10年、日吉克実)を一気に0秒08更新しました。

 試合は県の中学春季体育大会でした。予選から動きはよくて、そこで自己新(10秒73、+1.9)を出していたので、もしかしたら行くかなと思いつつ、でも大きな大会ではなかったので、記録を狙ったわけではありません。普段通りに走ったら、アナウンスで「10秒56です」と言われて……。(10秒)5台に突入するとは思っていなかったので、すごくうれしかったです。

――初めて経験した10秒5台。走っていて何か違う感じは?

 感覚自体は、特に変わった点はなくて、「いつも通りかな、でもちょっと動きはいいかな」くらいだったので、思っていた以上の記録が出たなという感じでした。

――以降、一気に注目されるようになりましたが、全日中はきっちりと100メートルと200メートルで2冠。プレッシャーはなかったですか?

 僕自身は、逆に10秒56という記録が出せていたことで、気楽になった感じがありました。「スタートが決まらなくても、(10秒)56を出せる加速力があれば十分に行ける」と。逆に、動じないで挑むことができました。

――秋の長崎国体では、少年B100メートルで1学年上のサニブラウン・アブデルハキーム選手(当時城西大城西高、現在はフロリダ大)との対決になり、高1最高(10秒45)をマークしたサニブラウン選手が優勝して、宮本選手は10秒73で2位という結果になりました。悔しい結果だったのでしょうか?

 勝つ気でいました。中2の全中でも負けていたので、リベンジするつもりでした。全中のときは後半で抜かれたので、先に逃げてしまおうという考えだったのですが、思っていた以上に早い段階で追いつかれたことで動揺して、そこから走りが崩れて、一気に離されてしまいました。思ったような走りができなかったことが悔しかったですね。

1/2ページ

著者プロフィール

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント