2008年 大分の「夢の後始末」<前編> シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」

宇都宮徹壱

当時の大分に必要だった「強さと夢」

当時大分に所属していた清武。地方都市の大分にとっては「強さと夢」が不可欠という信念を溝畑は持っていた 【写真:アフロスポーツ】

「08年がリーグ4位だったので、09年は3位以上、セールストークとして『ACLを目指します!』と言うのは当然ですよね。スポンサーの皆さんは、それを前提にお金を出してくださるわけですから。もちろん、堅実な経営に徹するという選択肢もありましたよ。年俸の高くなった選手を売って、そこそこ中位でも降格さえしなければいい。それが一番楽ですよ(笑)。でも、あの時の周りの状況は、そういったことは口が裂けても言えない状況でした。みんなが『勝て勝て』と、頭の中がヒートアップしていましたから」

 なるほど、言いたいことはよく分かる。とはいえ、当時の溝畑が「堅実な経営に徹する」という選択肢を採らなかったのは、単に周囲の状況に流されただけではなかったはず。というのも、彼には絶対に譲れない「プロサッカークラブのイメージ」というものが明確にあったからだ。加えて地方都市のハンディゆえに、「強さと夢」が不可欠という信念があったことも見逃せない。それは、彼のこんな発言からも明らかだ。

「私が抱いているプロのイメージというのは、一流が持っている強さを子供たちに見せること。そして『頑張れば一流になれる』という夢を与えられること。チームに強さと夢があれば、大分のような地方都市であっても、選手もお金も集まってくる。清武(弘嗣)にしても(西川)周作にしても、W杯を身近で見て地元に勢いのあるクラブがあったから、あの年(09年)まで大分にいてくれたんだと思います。家長(昭博)がウチを選んでくれたのも、『地方のクラブだけど、頂点を目指しているから』と言っていました」

09年には14連敗という泥沼を経験、初タイトルをもたらしたシャムスカ監督は解任された 【(C)J.LEAGUE】

 チームの始動が遅れたこと、そして九州石油ドーム(現大分銀行ドーム)の芝が根付かなかったことなどが災いし、09年の大分はシーズンを通して主力選手のけが人が続出。チームも14連敗という泥沼に陥り、大分に初タイトルをもたらしたシャムスカ監督は解任された。一方、相次ぐスポンサーの撤退や人件費の増加などで経営が回らなくなり、ついにはリーグ戦残り3節の運営が困難な状況も明らかになった。このことが決定打となり、社長の座を追われることとなった溝畑だったが、当時の決断に悔いはないと言い切る。そこには、初のタイトルをクラブにもたらした強烈な自負が見て取れた。

「まず、私がチーム設立から関わった14年間をトータルで見ていただきたい。ナビスコで優勝せずに、ほどほどの経営でJ1とJ2を行ったり来たりするようなチームであればよかったのか、それは皆さんが判断することだと思います。でも当時の私は、トリニータを日本一のクラブにすることが目標でしたし、地方の小さなクラブでも頑張れば世界を目指すことだってできる。そのことを皆さんに知ってほしくて、ブレずに逃げずに最後まで社長の仕事をしてきました」

 一方で溝畑は「大分での18年間は、私にとって最も素晴らしい時間でした。お世話になった大分の皆さんには、心から感謝申し上げたいです」という謝辞を忘れない。その上で、さらに持論を続ける。

「それまでまったく縁のなかったサッカーに、私が関わるようになったのは、地方の活性化、さらにいえば地方が全国や世界を目指すモデルケースを作りたかったからです。地方が日本一を目指す、世界一を目指すということが、日本の活性化につながる。だから私は、リスクを承知でチャレンジする道を選んだ。その結果、ああいうことになったわけですけれど、それでも悔いはないです。周りの評価も気にしていません。気にしていたら、そんな仕事はできないですから」

<後編(2/28掲載予定)につづく。文中敬称略>

2/2ページ

著者プロフィール

1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。旅先でのフットボールと酒をこよなく愛する。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)など。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(同)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。近著に『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』(エクスナレッジ)

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント