IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鹿実「1強」から全国屈指の激戦区に
神村学園が感じる鹿児島代表の重み

アプリ限定

疲弊し切っての出場権獲得

J加入内定者が在籍するチーム同士の対戦となった鹿児島県予選決勝。右は神村学園・高橋(清水内定)
J加入内定者が在籍するチーム同士の対戦となった鹿児島県予選決勝。右は神村学園・高橋(清水内定)【安藤隆人】

「本当にどこも紙一重の差ですよ。本当にしんどい戦いが続きます」


 全国高校サッカー選手権大会の鹿児島県予選決勝を終え、4年ぶり5回目の選手権出場を決めた神村学園・有村圭一郎監督は疲弊し切った表情でこう語った。


 今や鹿児島は全国屈指の激戦区と言っていい。選手権予選に目を向けると、1998年度に鹿児島工業が出場した以降は、すべて鹿児島城西、鹿児島実業、神村学園の『3強』がずっと王座を独占している。


 この3強の勝負はいつも接戦で、大差がつくことはめったにない。まさに一進一退と言う言葉が相応しい大熱戦になる。さらにこの3強に次ぐチームもメキメキと力を付けてきており、代表格が鹿児島、出水中央、尚志館などだ。特に鹿児島と出水中央はベスト4に頻繁に食い込んでいる。


 今年の選手権鹿児島予選を振り返ると、ベスト4は神村学園vs.鹿児島、鹿児島城西vs.鹿児島実業のおなじみのカードとなり、決勝は神村学園と鹿児島城西の激突となった。


 神村学園には清水エスパルス加入内定のFW高橋大悟が、鹿児島城西には横浜F・マリノス加入内定のセンターバック(CB)生駒仁がおり、全国的にも実力を持ったチーム。そのため決勝のカードだけ見たら順当だった。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント