豪州監督「結果にはがっかりしている」
W杯最終予選 日本戦後の会見
日本に敗れたオーストラリア代表のポステコグルー監督が会見に臨んだ
日本に敗れたオーストラリア代表のポステコグルー監督が会見に臨んだ【写真:ロイター/アフロ】

 サッカー日本代表は31日、埼玉スタジアム2002でワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦に臨み、2−0で勝利。6大会連続となるW杯出場を決めた。日本は前半41分、左サイド長友佑都からのクロスに浅野拓磨が合わせて先制すると、後半37分に井手口陽介がミドルシュートを決めて快勝した。


 試合後の会見に臨んだオーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督は「結果にはがっかりしている」と語ったが、W杯最終予選の最後となる次戦のタイ戦に向け、「しっかりとポゼッションをして、しっかりパフォーマンスを示して、よい結果を出していきたい」と気持ちを切り替えた。

「日本については祝福したい」

 今日の結果にはがっかりしている。勝利した日本については祝福したいが、われわれは期待した結果が得られず残念だ。


──日本のラインナップは、予想していたものか? ウイング(浅野拓磨と乾貴士)に苦しめられていたようだが。(外国人記者)


 大きく予想が外れていたわけではない。個々では思っていなかった選手もいたが、チームとしての日本のプレースタイルについては予想通りだった。われわれのプレーは、基本的にフィールドをコントロールするやり方だ。ボールを保持することはできたが、それを効果的にすることができなかった。サイドチェンジでピッチが速すぎて、中央でわれわれが抑えることができなかったと思う。


──ロシアW杯には自力で出場したいと言っていた。火曜日(9月5日)のタイ戦で大量得点で勝つしかないが、最近はゴールラッシュができていない。次のタイ戦で大勝する根拠はあるか?(外国人記者)


 結果的には火曜日の試合を見てもらうしかないが、今のわれわれはとにかく勝利をして、もう一方の試合結果で(W杯出場が)決まるという立場になった。われわれとしては、しっかりとポゼッションをして、しっかりパフォーマンスを示して、いい結果を出していきたい。

「チャンスを生かし切ることができなかった」

ポステコグルー監督はユリッチとケーヒルの投入はもともとのゲームプランだったと明かした(写真は6月のもの)
ポステコグルー監督はユリッチとケーヒルの投入はもともとのゲームプランだったと明かした(写真は6月のもの)【写真:ロイター/アフロ】

──インテンシティー(強度)の高いゲームだったが、最後にトミ・ユリッチとティム・ケーヒルという空中戦に強い選手を入れた。それでも、パワープレーでなくあくまでつなぐプレーを続けた理由は?(田村修一/フリーランス)


 そういう(つなぐ)サッカーをしたいと思っていたし、このフィロソフィーでソリューションを見つけようと思って追求した。後半にグッドチャンスがあったが、生かし切ることができなかった。われわれに有利な方向に転がっていかなかった。


──ユリッチやケーヒルの交代はプラン通りか?


 もともとのゲームプランだった。


──アーロン・ムーイ(この試合はベンチ外)とブラッド・スミスに関して。特にスミスはクラブで出場機会がなかった。そのため守備に不利な状況となって失点したのではないか?(外国人記者)


 ムーイは状態がよくなかったので、医者とも相談した結果、最高のパフォーマンスをするのは無理ということで、火曜日に備えて(温存という)判断をした。スミスは90分間プレーすることはあまりなかった。この試合での失点はあとでビデオを見て考察したい。ただし、あそこでゴールが決まったのは彼の責任ではない。あくまで私の責任だ。


※質問者に関しては、掲載許諾の確認が取れた方のみ明記しています。記名のない方は確認が取れていない方ですので、拒否されている訳ではありません。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント