sportsnavi

競歩代表、磐石の布陣で世界陸上へ
リオ銅の荒井「ベストな状態で本番に」
ロンドン世界選手権・競歩日本代表に選ばれた(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝
ロンドン世界選手権・競歩日本代表に選ばれた(左から)荒井広宙、小林快、松永大介、高橋英輝【スポーツナビ】

 日本陸上競技連盟は20日、都内ホテルで記者会見を行い、今夏に開催される世界選手権(イギリス・ロンドン/8月)の競歩日本代表選手を発表し、昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した荒井広宙(自衛隊体育学校)ら7人を選出した。


 尾縣貢日本陸連専務理事は「ご存知の通り、昨年のリオデジャネイロ五輪において競歩陣は大活躍でした。今回の世界選手権では、日本の強さを世界で定着させることが目標。今回のメンバーは若手、ベテランのバランスが非常によく取れていて、十分にロンドンで戦えるメンバーだと思っています。また2020年東京五輪を見据えた上でも、心強い選手団が編成されました」と磐石の布陣で臨めることに期待している。

今村文男コーチは「メダルを目指しながら強化を図っていく」とコメント
今村文男コーチは「メダルを目指しながら強化を図っていく」とコメント【スポーツナビ】

 また今村文男日本陸連競歩五輪強化コーチは、競歩が世界大会の中でメダルを狙える『ゴールドターゲット』種目に選ばれていることもあり、「メダルを目指しながら強化を図っていくのは、選手、強化スタッフの共通認識」と話し、「まずは自己記録を目指し、(結果を出すために)大事なのはコンディショニングに懸かってくると思います」とメダル獲得へのポイントを挙げた。


 今回選出された7人は以下の通り。


【男子20キロ】

高橋英輝(富士通)

松永大介(富士通)

藤澤勇(ALSOK)

※補欠 山西利和(京都大)


【男子50キロ】

小林快(ビックカメラ)

荒井広宙(自衛隊体育学校)

丸尾知司(愛知製鋼)


【女子20キロ】

岡田久美子(ビックカメラ)


 次ページから、会見に出席した4選手のコメント要旨。

スポーツナビ