IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和田監督がキャンプで見たいと言った男
期待の長距離砲・横田慎太郎

実現した“1軍お披露目”

掛布雅之DC(手前)と談笑する横田。首脳陣からの期待も大きい
掛布雅之DC(手前)と談笑する横田。首脳陣からの期待も大きい【岡本育子】

 11月1日から高知県安芸市で行われている阪神タイガースの秋季キャンプは15日に第3クールが終了。第2クールまではファームの、現在は和田豊監督とコーチが若手を指導中だ。選手も第3クールで入れ替わり、すでに帰阪した者も数人。その中にはドラフト2位で入団したルーキー・横田慎太郎外野手(19歳)もいる。

 しかし、和田監督はじめ、1軍首脳陣の「この目で見てみたい」という要望により急きょ予定を延長して、1軍合流の初日である13日だけ残留することが決定。プロ初の“1軍お披露目”が実現した。といっても9月末に腰を痛めた横田選手は秋季キャンプから屋外での打撃を再開したばかりで、全体練習もフリー打撃とシートノックしか参加していない。

(動画提供:虎テレ)

「糸井になれる可能性はある」

 11日の練習でも、シート打撃が行われている間はバットを持って後ろをウロウロ歩き回ったり素振りをしたり、とにかく一緒にやりたくて仕方がない様子だった。「だからこそ」と山下幸志トレーナーが言う。

「腰はもう大丈夫です。完全合流していないのではなく、させていないんですよ。なんせ0か100しかない子なので、こちらが止めないと。でも、これで加減を知ったでしょう。プロとしては大事なこと」


 0か100……分かる気がする。


 13日の“参観日”は、そんな限定練習ながら、バックスクリーンへ当てるなど6本のサク越えも披露。和田監督に「糸井(嘉男、オリックス)になれる可能性はある。柔らかさがあって、大きいのも打てる。甲子園の浜風に乗せて長打を打てるバッターはなかなかいないからね」と言わしめた。本人は「普段通り、元気を出してやりました」と初々しいコメント。


 昨年12月の入団発表時、同期で唯一の高校生なのに誰にも見劣りしない体格だった。ところが器具を使ってのウエートトレーニングは経験がないという。腕立てや腹筋、走ることなどで鍛えたもの。そこにプロ入り後はマシントレが加わり、体重も7〜8キロ増えた。「自分でも大きくなった実感があります。ウエート大好きです! 毎日できるのがすごく楽しい」と屈託のない表情だ。

岡本育子
岡本育子

兵庫県加古川市出身。プロ野球ナイター中継や、スポーツ番組にレギュラー出演したことが縁で阪神タイガースと関わって30年以上。ウエスタンリーグ中継では実況にも挑戦。それから阪神の2軍を取材するようになり、はや20年を超える。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント