ファンが選ぶ! プロ野球・チーム別前半戦MVP

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! プロ野球チーム別前半戦MVP」。
今回はオリックスの結果(トップ10)を発表します!

※ランキング上位と寸評はスポーツナビアプリでご覧いただけます

オリックス

順位 選手名 得票率
1 宮城大弥 56.70%
2 杉本裕太郎 23.67%
3 山本由伸 7.14%
4 吉田正尚 5.29%
5 福田周平 2.17%
6 宗佑磨 1.81%
7 T-岡田 0.55%
8 能見篤史 0.49%
9 紅林弘太郎 0.42%
10 平野佳寿 0.32%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

エース・山本由伸を抑えて、高卒2年目の宮城大弥が得票率1位という結果に。新人王どころかMVPも狙える活躍を見せた(写真は共同)

 セ・リーグの東京ヤクルト同様、開幕前の順位予想ではオリックスを『5位』とした解説者が多かった。確かに5位だった。6月2日までは。2010年以来11年ぶり2度目の交流戦優勝を飾ると、ぐんぐん上り調子に。気が付いたら6月20日、パ・リーグ首位に躍り出ていた。とにかく今季のオリックス、先発投手陣のクオリティーが高い。

 エース・山本由伸は得票率7.14%で3位にランクイン。防御率も勝ち星もチームトップなのだが、この好成績が“普通”に思えるほど、彼が凄いのだ。「日本のエース」「投手三冠狙える」「ルックスもいいし、一番は山本選手の勢いのあるストレートがほんとかっこいいから」と、ベタ惚れのコメントが続く。

 準MVPにはラオウこと杉本裕太郎(23.67%)。チームの課題だった『吉田正尚のあとを打つ打者』にスッポリ、収まった。「杉本が吉田のあとを打つことで打線が固まり、吉田も力を出せている」が、「三冠に手が届くまでの成績は予想だにしなかった」と期待以上の相乗効果に驚きの声も。

 そしてMVPは高卒2年目、新人王も狙う宮城大弥(56.70%)。前半戦、山本に並ぶ9勝を挙げ、8つの貯金をチームにもたらした。「投手としての成績もさることながら、宮城投手のおかげでチームがとても明るくなりました」――『負けるまで切らない』と言っていた長髪をツルッツルの丸刈りにしたときは、チームメイトが皆、宮城を見るたびに手を合わせていた。いじられ上手な新星である。

文:前田恵、企画構成:スリーライト

結果一覧(7/15から毎日3球団ずつ公開予定)

関連リンク