ファンが選ぶ! プロ野球・チーム別前半戦MVP

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! プロ野球チーム別前半戦MVP」。
今回はソフトバンクの結果(トップ10)を発表します!

※ランキング上位と寸評はスポーツナビアプリでご覧いただけます

ソフトバンク

順位 選手名 得票率
1 柳田悠岐 39.41%
2 マルティネス 21.04%
3 栗原陵矢 10.67%
4 甲斐拓也 8.49%
5 津森宥紀 2.81%
6 武田翔太 2.57%
7 岩嵜翔 1.73%
8 三森大貴 1.68%
9 モイネロ 1.58%
10 今宮健太 1.43%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

7月11日のオリックス戦で2打席連続本塁打を放ち、ついに本塁打ランキングでパ・リーグトップに躍り出た柳田悠岐。連覇に向けて、やはり柳田のバットがカギになりそうだ(写真は共同)

 現状4位にいても、やはり不気味なチームである。前半戦は打線が低調、投手陣含め主力に故障者が相次いだ。しかし、である。このチームは層が厚い。勝ち方を知っている。昨季も夏場、Bクラスからあれよあれよという間に這い上がり、しっかり“定位置”に戻っていたものだ。

 前半戦の頑張りを認められた一人が、3位の栗原陵矢(10.67%)。「投手以外、どこでも守れるチームの要」である。今季も捕手、一、三塁手と外野を守った。

 2位のマルティネスは今季、北海道日本ハムから移籍加入。「新天地でよく声を出していて、チームメイトがファインプレーをしたら、客席にまで聞こえる声で『Niceplay!』と称えている」と、コロナ禍のスタンドならではのありがたい報告もあった。

 さて、こちらのMVPはギータこと柳田悠岐(39.41%)。“変態アーチ”の数多い伝説に、今季は『(体勢)ぐちゃぐちゃスイングで2打席連続アーチ』が加わった。「なんだかんだのホームラン数と、打率も柳田選手にしては少し低いってだけで、ホームランと合わせると十二分の活躍」と鷹ファン、「今季はやや不調かもしれないが、十分優秀な成績。柳田が一番怖い」と他球団ファン。まだまだ、新種の変態アーチが出現しそうだ。

文:前田恵、企画構成:スリーライト

結果一覧(7/15から毎日3球団ずつ公開予定)

関連リンク