ファンが選ぶ! プロ野球・チーム別前半戦MVP

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! プロ野球チーム別前半戦MVP」。
今回はDeNAの結果(トップ10)を発表します!

※ランキング上位と寸評はスポーツナビアプリでご覧いただけます

DeNA

順位 選手名 得票率
1 オースティン 58.45%
2 牧秀悟 21.75%
3 桑原将志 7.11%
4 佐野恵太 2.58%
5 大和 2.51%
6 濱口遥大 1.83%
7 山﨑康晃 0.99%
8 宮﨑敏郎 0.74%
9 三嶋一輝 0.59%
10 ソト 0.59%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

5月、6月にかけて打ちまくり東京五輪米国代表に選出されたオースティンだが、7月は打率が急降下。今後復調し、侍ジャパンの脅威となるか?(写真は共同)

 2リーグ制以降、新人監督ワーストとなる開幕8試合未勝利でスタートした三浦ベイスターズ。一時はどうなることかとファンをやきもきさせた。

 好転の要因は、入国の遅れていた外国人選手の合流を契機に、打線のつながりができたこと。交流戦のチーム打率.297は12球団トップだった。従って前半戦MVP投票上位3人は、すべて野手である。

 3位・桑原将志(7.11%)は3割超の打率で前半戦を折り返した。「やっぱり一番・センターは桑原将志だと実感した」「梶谷の穴は桑原の返り咲きで完全に埋まった」と16、17年を超える好成績に期待する。

 2位はルーキー・牧秀悟(21.25%)。「成績の悪かった3、4月。新人・牧の活躍が希望の光だった!」とコメントされたとおり、春先は彼の活躍が、横浜DeNAの見どころそのものだった。「成績はもちろん、チームが沈んでいるとき、常にベンチの最前列で盛り上げ、鼓舞する姿が素晴らしかった」と、ファンはその姿をしっかり目に焼き付けている。

 MVPは「彼がいなかったら、50敗一番乗りだった」オースティン(58.45%)。「オースティンの調子が上向くのに合わせてチームの調子も上向いてきた」のだから、オースティン様々である。後半戦は投手陣も上位に挙がるよう、期待したい。

文:前田恵、企画構成:スリーライト

結果一覧(7/15から毎日3球団ずつ公開予定)

関連リンク