ファンが選ぶ! プロ野球・チーム別前半戦MVP

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! プロ野球チーム別前半戦MVP」。
今回はロッテの結果(トップ10)を発表します!

※ランキング上位と寸評はスポーツナビアプリでご覧いただけます

ロッテ

順位 選手名 得票率
1 マーティン 45.60%
2 佐々木千隼 15.37%
3 中村奨吾 12.83%
4 荻野貴司 12.03%
5 レアード 6.61%
6 岩下大輝 1.14%
6 角中勝也 1.14%
8 唐川侑己 0.80%
9 安田尚憲 0.60%
10 益田直也 0.55%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

得票率1位のマーティンは勝負強いバッティングはさることながら、守備、走塁での活躍も評価された(写真は共同)

 開幕からいろいろ、ケチの付いてしまった前半戦ではあった。背番号1問題だの、コロナ禍だの。しかし、今季のマリーンズは打線が強力。両リーグNO.1の得点力なんて、数年来のファンからしたら、夢のような話であろう。

 その打線を牽引するマーティンが得票率45.60%で、前半戦MVPを獲得した。「『千葉ロッテマーティンズ』といってもいいぐらい、一人で試合を決めるような活躍が多かった」は、セの『ビシエドラゴンズ』に続く名言。「マーティンの、常に一つ先の塁を狙う姿勢、守備ではオーバーランしたランナーを刺すなど、一つひとつのプレーの集中力の高さは、他の選手にいい影響を与えています」――まさにYes、マーティン!これぞ一流選手の姿勢である。

 MVP次点には、守護神・益田直也につなぐセットアッパーとして仕事場を確立した、佐々木千隼(15.37%)。「防御率0点台の成績が物語っている。唐川投手の穴が埋まらなければ今の順位もなかったと思うので、佐々木の活躍はとても嬉しいし、頼もしい!」「ケガだけ気を付けて、後半も頼む!」は、ファンの総意だろう。

 2位はキャプテン・中村奨吾(12.83%)。「全試合出場している荻野選手と迷ったが、ここまで打率3割超え、出塁率は4割超えで安定した成績を残している中村に1票!」というコメントにもあるとおり、リードオフマン・荻野貴司(12.03%)に僅差のリードだった。

文:前田恵、企画構成:スリーライト



結果一覧(7/15から毎日3球団ずつ公開予定)

関連リンク