ファンが選ぶ! プロ野球・チーム別前半戦MVP

記事

スポーツナビでユーザー投票を実施した「ファンが選ぶ! プロ野球チーム別前半戦MVP」。
今回は楽天の結果(トップ10)を発表します!

※ランキング上位と寸評はスポーツナビアプリでご覧いただけます

楽天

順位 選手名 得票率
1 岡島豪郎 28.36%
2 早川隆久 23.14%
3 島内宏明 22.33%
4 松井裕樹 9.34%
5 浅村栄斗 3.07%
6 田中将大 2.20%
7 宋家豪 2.09%
8 則本昂大 1.97%
9 安樂智大 1.86%
10 涌井秀章 1.22%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 12.0以上
Android 6.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

楽天の前半戦MVPは接戦の末、岡島豪郎が1位という結果に。ファンも悩むほど多くの選手が活躍した前半戦だった(写真は共同)

 もともと、下馬評は高かった。打線は文句なし。先発投手陣に抑え再転向の松井裕樹とタレント揃いのところに、田中将大と東京六大学NO.1の早川隆久が加わった。石井一久監督の就任1年目、御膳立ては整っていたのである。もちろん、多少の誤算は生じる。田中将の勝ち星はもう少し上を期待していただろうし、浅村の本塁打や打点はリーグトップ5以内を想定していただろう。だが、“嬉しい想定外”があれば、それも帳消しだ。

 3位の島内宏明(22.33%)は、前半戦チームの打点王、本塁打王、得点圏打率NO.1。「何度も何度もここぞのところで打ってくれたので。ここで島内!!」「島内の勝負強さがなければ首位争いをしていない。これからも島内語録を楽しみにしています」と、活躍とセットの語録にも注目が集まる(※島内語録グッズ、ただいま球団から発売中)。

 2位の早川(23.14%)は期待どおりのパフォーマンスに、「ルーキーとは思えない安定感。マダックス」と、MLBの名投手に例える声も。

 そして前半戦の楽天MVPは、岡島豪郎(28.36%)!!左肩の故障で2019年をほぼ棒に振った男が、1年の雌伏の時を経て戻ってきた。「強い岡島が帰ってきてくれた」「岡島がいたからこそ、打線の不振がこの程度で済んだ。守備での貢献度も高い」。岡島なくして前半戦の優勝争いなし、は誰の目で見ても明らかだった。

文:前田恵、企画構成:スリーライト

結果一覧(7/15から毎日3球団ずつ公開予定)

関連リンク