【佐賀競馬10R 佐賀記念 予想】この顔ぶれならグランブリッジがやれそう

情報提供:オッズパーク

前回優勝馬バーデンヴァイラー 【提供:佐賀県競馬組合】

(全国公営競馬専門紙協会 宝蔵寺 英隆)

 名古屋グランプリ2着馬◎ (2) グランブリッジを軸に。実績一枚上〇 (11) ノットゥルノは斤量のハンデ差は大きいが能力信頼。4歳勢▲ (7) キリンジ、大井の△ (1) マンダリンヒーローにも注目。伏兵陣は注 (3) メイショウフンジン、穴 (12) ケイアイパープル
◎ (2) グランブリッジ 関東オークス、ブリーダーズゴールドカップ、TCK女王盃、エンプレス杯と南関東と門別を含め牝馬重賞を4つ制している。名古屋グランプリでは稍追い出しが遅れ2着だったが牡馬相手に好戦し収穫ある内容。この組み合わせなら佐賀記念初となる牝馬の優勝馬が誕生する可能性も。

〇 (11) ノットゥルノ 2022年のジャパンダートダービーV馬。直前の東京大賞典ではウシュバテソーロから0秒3差の4着だし力はある。右回りを最も得意としているしアッサリ勝っても不思議ないが斤量59キロが懸念材料。力がある証拠だがそこがどうか。
▲ (7) キリンジ 東海ステークスの内容が悪くない。馬群の中で包まれて追い出しが遅れたにも関わらず直線良く詰めて来た。久々を叩いて更に動けるだろうし4歳馬でまだこれからの馬。どこまで通用するか楽しみ。

△ (1) マンダリンヒーロー デビューから4連勝し、挑んだハイセイコー記念で重賞初制覇。米国サンタアニタダービーで2着に入線し、一気に人気と知名度も上げた。JRA勢は強力だが上位の一角が崩れると出番はある。
注 (3) メイショウフンジン 通算6勝の実力。昨年末の名古屋グランプリはハイペースの展開で苦戦したが、白山大賞典で2着確保した内容は良かった。佐賀コース向きのスピード型だし前でスンナリなら上位確保の力はある。

穴 (12) ケイアイパープル 2022年の佐賀記念を5馬身千切って優勝している。近走も交流重賞で上位を争っているが、今回は11月以来の実戦がどうか。相手関係も揃うし仕上がりがカギ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

地方競馬・競輪・オートレースの投票ができるサービスです

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント