【2.12佐賀記念JpnIII予想】武豊ノットゥルノ、川田グランブリッジら参戦 評論家の本命&見解は?

情報提供:オッズパーク

写真は前回優勝馬バーデンヴァイラー 【提供:佐賀県競馬組合】

 3連休の最終日となる2月12日(月・振休)、佐賀競馬場ではJRA所属馬と地方所属馬が対決するダートグレード競走、第51回JpnIII佐賀記念が2000mダートで行われる。今年秋には佐賀競馬場で初めてダート競馬の祭典・JBC競走が開催されるとあって、メインレースのJBCクラシックと同条件で行われる今回の佐賀記念は例年以上に注目度が上昇。出走予定馬もJRAからは武豊騎手のノットゥルノ、川田将雅騎手のグランブリッジ、地方からは米国GI2着のマンダリンヒーロー、そして地元佐賀からもタガノファジョーロ、ヒストリーメイカー、ブレイブアモーレと、トップホースが集結してきた。

 ハイレベルの好メンバーとなった今年の佐賀記念を評論家の斎藤修さん、須田鷹雄さんが分析。地方競馬に造詣が深い2人の本命馬と予想印をぜひ参考にしてほしい。

予想家:斎藤 修

プロフィール:
NAR『ウェブハロン』、『優駿』、週刊『競馬ブック』、『競馬総合チャンネル』などで地方競馬を中心に記事を執筆。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』『地方競馬中継』解説。ドバイ・香港・シンガポール・アメリカなどの競馬にも足を運ぶ。1964年生まれ。

アメリカの経験生かしてマンダリンヒーロー
 中央勢は地方のこの距離で実績のある馬たちが揃ったが、昨年アメリカに遠征したマンダリンヒーローに期待する。中央馬とは初対戦となるが、アメリカのダートで厳しいレースをしてきた経験は生きるはず。4カ月の充電期間での成長にも期待したい。

 実績的にはグランブリッジが最有力といえそう。昨年のスパーキングレディーカップJpnIIIでは4着だったが、他馬より3kgも重い58kgという斤量に加え、1600mは距離不足。前走名古屋グランプリJpnIIでは、浦和記念JpnIIから連勝となったディクテオンに2馬身差2着なら、今回のメンバーなら中心視できる。

 一昨年このレースを制したのがケイアイパープル。地方の小回り2000m級のレースを中心に使われ、1年以上勝ち星から遠ざかっているとはいえ、それほど崩れることもない。強敵相手の前走JBCクラシックJpnIは度外視として、8歳でもこのメンバーならまだまだ互角に戦える。

 メイショウフンジンは重賞勝ちこそないもののやはり地方の2000m級の舞台で好走。ただここ2戦、浦和記念JpnII、名古屋グランプリJpnIIでやや離されての結果が気になるところ。

 ノットゥルノは3歳以降、大井以外の地方では結果を残しておらず、59kgという斤量もいかにも厳しい。

 キリンジは、兵庫チャンピオンシップJpnII、ジャパンダートダービーJpnIで2着だったが、ともにやや差のある結果。休み明けの東海ステークスGIIを使っての上がり目があれば馬券圏内も。

予想印:
 ◎1マンダリンヒーロー
 ◯2グランブリッジ
 ▲12ケイアイパープル
 △3メイショウフンジン
 △11ノットゥルノ
 △7キリンジ

<提供元:「斎藤修の重賞ピックアップ」(オッズパーク内ブログ)>

予想家:須田 鷹雄

プロフィール:
1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に『競馬ダントツ読本』(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける。

頼れるのはやはりこの馬
 ロマンとしては地方の雄、アメリカでも好走してきたマンダリンヒーローに期待したいのだが、日本のダート、しかも佐賀となると「地方競馬各地区での経験値や適性」を重視したいところ。年長馬のほうが経験値の面でも有利だし、どこの競馬場に行っても結局好走する◎グランブリッジを軸馬とする。このメンバーならいつもよりやや前の位置が取れそうだし、自身のルーツである佐賀で川田騎手が結果を出してくれるだろう。

買い目:
3連単 フォーメーション
2 ⇒ 1・3・7 ⇒ 1・3・7・11・12(12点)
3・7 ⇒ 2 ⇒ 1・3・7・11・12(8点)

予想印:
 ◎2グランブリッジ
 ◯3メイショウフンジン
 ▲7キリンジ
 △1マンダリンヒーロー
 ×11ノットゥルノ
 ×12ケイアイパープル
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

地方競馬・競輪・オートレースの投票ができるサービスです

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント