【2023年最新】ウェッジ売れ筋ランキングBEST10 テーラーメイド最新ウェッジが上位に

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2023年9月1日〜30日で最も売れたウェッジをランキング形式でご紹介します。ゴルファーにいま最も注目されているウェッジはどれか、ぜひチェックしてみてください。

※ランキングは矢野経済研究所「YPSゴルフデータ」を参考にしています。

1位:タイトリスト「ボーケイ SM9 ウェッジ」

プロの要求を追求したいとさらに改良を加え、ソールの形状に合わせて重心位置を変えて、どのウェッジでも同じような球が出るように設計をし直しています。

実際に構えるとアイアンと同じようなシャープなイメージもわきやすくなりました。

よりフェースに乗っている時間が長く、低く飛び出し、安定してスピンがかかります。ボールコントロールがさらにしやすくなった印象です。

2位:クリーブランド「RTX 6 ZIPCORE ウェッジ」

2023年3月発売の最新ウェッジ。フェースブラスト、レーザーミーリングをロフト別に対応させた「HydraZip」フェースで、ウェットスピン性能が向上しました。

進化した「ZIPCORE」テクノロジーで上下慣性モーメントが増大し、ボールスピードとスピン性能がさらに安定しています。

3位:テーラーメイド「ミルドグラインド4 ウェッジ」

一番変わった部分はフェースです。「HYDRO SPIN FACE」と言われるミーリングが、しっかり溝と溝の間に斜めに入っていてかなり抵抗を生んでいます。悪条件でほどけやすいスピンも、しっかり逃げ場を作ることで安定してかかる優れた性能を発揮しています。

フェース面だけはノーメッキになっており、Rノンメッキによる削り出したままのグルーブを搭載して、しっかりとスピンがかけられるようになっています。

4〜10位のウェッジもチェック!

4位:テーラーメイド「ミルドグラインド3 ウェッジ」

(※SB)
ロフト角(バウンス角):46(9)、50(9)、52(9)、54(11)、56(12)、58(11)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄
5位:PING「GLIDE 4.0 ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(12)、50(12)、52(12)、54(12)、56(12)、58(10)、60°(10°)
ヘッド素材:8620カーボンスチール
6位:フォーティーン「RM-α ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):46(7.5)、48(7.5)、50(8)、52(8)、54(11)、56(12)、58(8、11、14)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄
7位:キャロウェイ「JAWS RAW ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):48(10)、50(10、12)、52(10、12)、54(10、12)、56(10、12)、58(8、10、12)、60°(8°、10°、12°)
ヘッド素材:軟鉄
8位:キャスコ「DW-123 ドルフィンウェッジ」

ロフト角:48°、50°、52°、54°、56°、58°、60°、62°、64°
ヘッド素材:軟鉄
9位:クリーブランド「RTX ディープ フォージド 2 ウェッジ」

ロフト角(バウンス角):48°(10°)、50°(10°)、52°(10°)、54°(12°)、56°(12°)、58°(12°)、60°(10°)
ヘッド素材:軟鉄
10位:キャロウェイ「JAWS FORGED ウェッジ(2023年モデル)」

ロフト角(バウンス角):46°(10°)、48°(10°)、50°(10°)、52(10°)、54°(12°)、56°(12°)、58°(9°)、60°(9°)
ヘッド素材:軟鉄
※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント