敏腕スカウトが評価!ドラフト上位候補は誰だ?

敏腕スカウトが推す今ドラフト屈指のスラッガーは? 広陵・真鍋、ENEOS・度会…野手の注目株を徹底評価

瀬川ふみ子
アプリ限定

高校球界を代表する左の強打者・真鍋慧のパワーは折り紙付きで、大砲不在の球団にとっては喉から手が出るほど欲しい逸材だ 【写真は共同】

 1週間後に迫っている2023年ドラフト会議。今年はなんと言っても“大学生投手”が大豊作という評判。高校生に目を向けると投打で金の卵がそろい、そして即戦力として上位指名が予想される社会人スラッガーにも注目が集まる。上位候補として挙がっている逸材を敏腕スカウトはどのように評価しているのか。広島東洋カープのスカウト統括部長・苑田聡彦氏と中日ドラゴンズのシニアディレクター・米村明氏が明かしてくれた。

 第2回は「野手編」。パワー自慢の長距離砲、トリプルスリーを狙える原石、アマ球界No.1捕手、守備のスペシャリストなどスカウトが目を光らせる逸材がずらり。苑田、米村両スカウトは上位候補の野手をどのように評価しているか?

真鍋慧(広陵高/189cm、95kg、右左)

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント